スマートデバイスありきの選択 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

スマートデバイスありきの選択

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
IT化

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日はスマートデバイスについてのお話です。

スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスのビジネス活用について、話題になることが増えています。

プライベートでのスマートデバイスの利用が増えるとともに、ビジネスアプリの充実といった環境が整ってきていることが大きな要因になっているのでしょう。

しかし、スマートデバイスの本格的なビジネス活用はこれからという企業が多いはず。話は聞いているけれど、あまりピンとこないという企業も少なくないはずです。

スマートデバイスのビジネス活用を進めていく際の重要なポイントとして、スマートデバイスをどのように捉えるのかということがあります。

スマートデバイスを単なるケータイやパソコンの延長線上と捉えるのか、あるいは新たなビジネスデバイスとして大きな可能性を秘めていると捉えるのかによって、対応は相当違ってくるはずです。

現在ビジネスで利用しているパソコンの代わりにスマートデバイスを導入しようとした場合に、スマートデバイスでなければできないことやスマートデバイスでなければいけない理由といった視点で検討を進めていくと、思うように検討が進まなくなる可能性があるでしょう。

逆にスマートデバイスありきという、スマートデバイス利用を前提とした業務改革を進めるという視点で検討を進めていけば、検討は前向きに進むはずです。

スマートデバイスのビジネス活用について、一度社内で議論されてみてはいかがでしょうか。

浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IT化」のコラム

メガネ型ウエアラブル端末(2016/11/30 09:11)

IT企業の再編・統合(2016/11/02 08:11)

このコラムに類似したコラム

スマートフォンの販売状況は好調 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/01/25 10:37)

スマートデバイスに関する調査結果 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/09/30 09:03)

タブレット端末市場は安定成長 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/02/15 13:49)

ビジネスにおけるインターネット活用の深い闇 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/11/20 07:21)

新型iPadの発表 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/10/24 07:03)