「当たり前の研修」は無駄なのか - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「当たり前の研修」は無駄なのか

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 現場の事例・私の体験

 「そんなのわかり切ったこと」「当たり前じゃん」・・・。研修をやっている中で、こんな反応をされることがあります。そういう声が出てくるということは、その研修を前向きにはとらえていないということでしょう。私も今は講師の立場が多くなりましたが、自分が受講者のときはこんな風に思うことがありました。

 

 でも、良く考えれば「当たり前の内容」というのは“当たり前”のことです。誰も知らない新しい理論で、みんながみんな初めて見聞きするような内容の研修なんて、そうそうあるものではありません。

 

 研修でやることといえば、ほとんどが今まで言われてきているもの、セオリーとしてすでにあるもの、昔からの原理原則として存在するもののはずです。“当たり前”のことにあえてスポットをあてたり、あらためて意識させたりして、知っている当たり前のことだけど、できていないんじゃないか、実行していないんじゃないかということに気づいてもらうために、講師の人たちは伝え方や意識の向け方にさまざまな創意工夫をします。

 

 先日あるところで聴いたお話ですが、研修などのOff-JTでできるのは、「無意識で出来ていない」ことを“意識させる”ところまでで、その後の「意識してもできない」→「意識すればできる」→「無意識でもできる」というステップを踏んでいくためには、本人の自覚と周りの人からの働きかけが大きいのだそうです。研修でできるのはほんの入り口の部分で、人材育成全体で考えればその1割程度とのお話でした。

 「たった1割だから研修なんて無駄なのか」というと、そういうことではなくて、「気づき」という人材育成の入口として、いかにうまく活用するかが大事ということでした。

 

 だいたいよくあるパターンは、研修を受けた直後は感度が上がって「目からウロコ」なんて思っていても、そんな気持ちとは裏腹のいつもの環境に戻ってしまえば、徐々に火が消えていつの間にか元通りということです。せっかく点いた火を消さないためには、職場の雰囲気作り、上司の意識改革も必要になります。研修で学んだ内容を、日常の仕事でかかわる直属上司や、所属する職場全体で共有するなんてことも重要かもしれません。

 

 「そんなの当たり前」という人はおおむね研修に対して好意的ではありませんが、そんな人に限って、やっていない、実行できていないということが多いはずです。自分自身を振り返ってもそうですし、やっぱり「知っている」のと「できる」のとは大きく違います。

 

 もちろん研修のやり方に工夫は必要ですが、その後をどうやって行くのかがもっと大事なことのように思います。

 「当たり前の研修」という批判が出たり、「研修が無駄になっている」と感じるならば、研修そのものの問題とともに、職場環境、そういう発言が出る雰囲気、その人を取り巻く周囲の人たちの方にも大いに原因があるように思います。

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考えるメール相談

当事者であるが故に気づきづらい組織風土の問題を、経験を活かし てアドバイスします。

料金
無料

「今一つ元気がない」「何となく一体感がない」など、職場の風土や雰囲気に関する悩みは意外に多いものですが、組織内の当事者しかわからない事情とともに、当事者であるが故に気づきづらい事もあります。
所属会社の合併やこれまでのコンサルティングの中で、活気を維持する、活気を失う、活気を取り戻す、という様々な事例、プロセスを見てきた経験から、会社状況に合わせて原因分析、対策などをアドバイスします。

「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考えるメール相談

このコラムに類似したコラム

人は勝手に育たない 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/11/10 09:24)

リアリティがあるほど人は育つ 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/08/13 11:10)

計画的人材育成 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/06/16 08:22)

厳しい環境が人を育てる 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/03/03 11:16)

人材育成を楽しむ姿勢は、伝え方で確認できる 竹内 和美 - 研修講師(2014/11/26 14:18)