「2012年12月 67兆円」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「2012年12月 67兆円」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
よもやまブログ

こんにちは!

 

早くも3月突入です。

花粉と闘いながら、“桜の開花”を待ちたいと思います。

 

さて、今週の注目すべき数字は、“67兆円”です。

 

最近、日銀の総裁人事が、新聞やニュースで取り上げられていますが、

日銀と言えば、「資産買い入れ基金」という言葉は聞かれたことがあるでしょうか!?

 

日銀による金融緩和策を実行する為に、市場から様々な資産を買い入れる為の基金のことです。

 

2010年に設定されましたが、当初予算は35兆円でした。

そこから徐々に膨らんで、いまや101兆円にまで拡大しました。

「物価目標2%」と明示した以上、さらにこの数字が積み上がる可能性もあります。

2012年12月時点での日銀の購入資産リストをみると、長期国債の24兆円を始めとして、合計で約67兆円となっています。

中身は、長期国債の他、国庫短期証券に9.6兆円、社債2.9兆円、ETF1.5兆円などとなっています。

 

101兆円までは、まだ余裕はありますが、このまま買い進んで行って、「景気回復に本当に効果があるのか」、「実質日銀の国債引き受けによって、財政規律が失われる」といった意見も出ています。

 

それにしても、101兆円まで買い進めば、日本の名目国内総生産(GDP)の約21%にまで達します。

 

現在は、市場に活気も出始め、株価も上昇していますが、株価はあくまで“期待値”で上昇しますので、今後、実体経済において景気が回復してこないと、その反動が非常に気になるところです。

 

しばらくは、日銀の動向から、目が離せない状況が続きそうです。

 

それにしても、資産を買い入れるということは、今後、国債の金利が上昇すると、時価評価で含み損を抱えることとなりますし、株式市場などが上向けば、保有しているETFなどで含み益が出ることとなります。

運用目的ではありませんが、日銀に含み益が生まれることを望みたいものです。

 

では、今週末も良き日をお過ごしください!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

ドル高・株高・債券高のトリプル高、実は反動が怖い。 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2013/03/19 11:14)

海外の株式、債券、及びそれに投信への投資コストを低めましょう 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/09/21 10:00)

長期投資で儲かるのは? 投資コストの低減が必要 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/09/20 10:00)

日本のETTF銘柄選びの手順とポイント 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/08/21 10:00)

マイファンドレポート7月速報版を掲載、当月は-1.9%でした。 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/08/16 10:00)