問題解決研修 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

中西 真人
株式会社M&R Consulting 代表取締役
東京都
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

問題解決研修

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般


今月は問題解決研修、ファシリテーション研修、プロジェクトマネジメント研修、人事考課研修と当社の主要なプログラムが週替わりで展開されることとなりました。
中でも問題解決研修は、対象者が今年度入社の新入社員で、マネージャーが対象となる研修が多い中で異色の研修です。そのお客様とは13年間にわたるお取引が続いており、受講者と講師を務める私との年齢ギャップが13歳拡大していることになります。
問題解決研修の特徴は、業務目標との関連付によって問題を発見し、課題を形成すること。その課題によって、問題の原因を究明し、解決策を論理的に導く一連のプロセスを学習します。当社のプログラムは、受講者が楽しみながら学習できるようケーススタディを中心にしています。実務での応用を意識しつつ、ビジネスの場面で想定される諸問題をケースにしています。最近では新入社員であっても目標管理制度による目標を持っていて、その点では問題を定義しやすくなりました。
研修で伝える内容自体に変化はありませんが、教材はずいぶん変わりました。13年前はワードでしたが、今ではパワーポイントですし、そうした細かい違い以外にも、ケースの内容やテキストで使用する事例を変更しています。さらには、近年の新人は理解力が高いという強みがあるので、それに応じで進め方も変えています。
もともと問題解決研修は管理職層を対象とするものでした。お客様の要望で始めたことですが、今では経験年数に関係なく受講したほうが良いと私自身の考え方も変わりました。問題解決の技術は、自分自身の日々の問題解決にも役立っているようです。

このコラムに類似したコラム

経験してみれば意外に・・・ 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2013/04/22 08:00)

「スイッチオフ」のタイミングが早い気がする新人さんたち 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2015/04/07 08:00)

その課題は、だれのものですか? 竹内 和美 - 研修講師(2014/10/02 10:13)

自社をテーマにした人材育成 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/07/28 09:41)

新人店長は「なぜ出来ないのか?」と聞いてはいけない 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/01/11 06:44)