映画レビュー・マーケティング術  #2 - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

山藤 惠三
有限会社エスオープランニング 代表取締役 クリエイティブディレクター
東京都
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

映画レビュー・マーケティング術  #2

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
メディアと映画、ずっと楽しい関係。 映画ビジネスとwebマーケティングは?
4月になりました、出会いと別れの季節ですね、
職場にも新しいフレッシュマンが入ってきています。
こんにちは、山藤(サンドウ)です。

今回は「映画レビュー・マーケティング術」の第二弾です。

観たい映画や自分の好きな映画を検索サイトで探してみると、たくさんのサイトやブログにヒットします。

書いているのはいったい誰?世の中どれだけ「レビュアー」がいるのでしょう?

「レビュアー」はいまや職業として、また専門家として活躍する方だけでなく、
一般の映画ファンの人たちの呼び名?
と言ってもよいでしょう。

商業的なサイトでもいまや映画ファンに試写を依頼し、その感想をサイト編集者がまとめ、
ウェブに載せることも、ずいぶん多いようです。


映画ファンが「レビュアー」として記事を書いているブログ、連載記事などをみると、
素人の域を超えて、プロ顔まけの情報満載で面白いものが沢山あります。

先日、本業の傍ら、映画「レビュアー」として活動する友人に会いました。

「時間を割いて試写に行き、記事を書く」ことは大変な作業では?
と、素朴な疑問をぶつけてみました。

彼女曰く、

1 自分の感想で、見る人が増えるのが楽しい。
2 自分の思いが、自由に書けるのでうれしい。
3 自分の気持ちが、表現できるので心地よい。


というご返事。

''「好きな映画を試写できて、好きに感想を述べられる。
ついでに映画に足を運ぶ人の数が増えたら楽しいですよ!」''

自分の気持ちを伝える、思いを生かせるような、そんな世界が広がっているようです。

自分で納得のいく感想が生まれる瞬間がまた喜びだとか。

心に残る映画ほど、ことばで表現するにはそれなりの時間が必要です。

映画レビュー・マーケティング術、
ときには辛口の批評もあるけれど、レビュアーの存在なくして''映画の普及''はないようです。

今後ますますレビュアーの活躍は広がっていきます。

映画レビューサイト、プレシネマ