福利厚生の活用 - 決算対策・税金対策 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

福利厚生の活用

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 決算対策・税金対策
経営 会計・税務

おはようございます、今日は久しぶりに大きな予定のない土曜日です。
まぁこの時期ですので、何かしら仕事はしております。

法人設立の有利不利について考えています。
税率から考える法人と個人の有利不利について紹介しました。

改めてまとめると、やはりポイントになるのは事業規模です。
一定規模以上あると法人にした方が便利なことが多い。
逆に言うと、開業当初から法人にするとデメリットがあることも多い。
こんなイメージをとりあえずお持ち頂ければ。

法人成りすると使いやすくなるものとして福利厚生費があります。
例えば自宅を社宅として借りた、あるいは法人で購入するとこんな効果が期待出来ます。

・給与を100払うと30の所得税
・給与を80、家賃は20を会社で払う
税金は給与に対して課されるので80に対して25が課される

実際には社宅使用料のようなものを計上することが多いですが、それでも全額を給与で支払うより税金負担が安くなります。

また法人での購入だと

・いわゆる住宅ローン控除は使えない
・ただし、建物部分の減価償却費や固定資産税は経費計上できる

長期的に見ると、こちらの方がお得であることも多いです。
法人と福利厚生は上手に使って頂きたい考え方です。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

このコラムに類似したコラム

社宅という手もある 高橋 昌也 - 税理士(2012/08/20 01:00)

固定資産を買う=お金を使う 高橋 昌也 - 税理士(2012/08/05 01:00)

福利厚生はいまのような時こそ使いたい 高橋 昌也 - 税理士(2012/08/02 01:00)

事業以外の税金 高橋 昌也 - 税理士(2012/05/17 01:00)

法人成りや家族への給与 高橋 昌也 - 税理士(2012/04/08 01:00)