初めて会う方と打ち解けるには。 - 生涯学習 - 専門家プロファイル

辻  昌子
話し方トレーナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

中舎 重之
中舎 重之
(建築家)
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
橋本 亜依
(恋愛アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

初めて会う方と打ち解けるには。

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 老後・セカンドライフ
  3. 生涯学習

こんにちは。フリーアナウンサーの辻 昌子です。

番組の取材で、多くの方とお話しする機会がありました。取材させていただく方は、ほぼ初対面。

こちらの質問に対して、沢山お話ししてくれるのか?

こんな若輩者に、心を開いてくれるのか?

何をどう 質問したら良いのか?

取材前は、色々なプレッシャーでお腹が痛くなりそうです。

出掛ける前に出来ることは、取材先の資料を読むこと。想定質問を考えておくこと。

ただ、あまり質問を考えすぎると、それにばかり気を取られて、生の会話のキャッチボールをしそびれてしまいます。

一つ質問をして、その答えを聞きつつ、次の質問を考える…気が付くと、その答えが全く頭に入ってこない、ということになりかねません。

基本的に聞きたいことは用意しておいても、相手の話しにしっかり耳をかたむけることが大切です。

思わぬ興味深い話しが聞けると、やった〜と心の中で小躍りしたくなります。

まず、インタビュー前にはお互いにわかり合えるようにしたいもの。私はあらゆる角度から、ほめる要因を探します。

お召し物が格好良いですね、お顔が福顔のようにとても優しい雰囲気です、お店のインテリアがステキですね、などなど。

それをきっかけに、相手が自分のお気に入りを話し始めてくれるかもしれません。

人は聞いて欲しい、という欲求があるもの。

それを表に出すきっかけを探るのです。

更に、自分は何もわからない、どうしようもないインタビュアーです、だから一から教えてください、という姿勢を見せます。

知ったかぶりしている、や、こいつはどこまでこっちのことを分かっているんだ、と訝しがられる事がないように。

とにかく、聞きては、話しを伺う相手に、いかに良い気持ちでいてもらえるか、という事に心を砕くようにしています。

結果、「あなたには話し易かった」「知らないうちに、沢山しゃべったなー」などと言っていただけると、

あー今日は良かったなぁと、しみじみ仕事の楽しさを感じる事が出来るのです。

相手に寄り添う気持ちを大切にしたい、と思っています。

このコラムに類似したコラム

前回、紹介させて頂きました記事の全文です。 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2015/12/25 10:21)

なんか世の中、21世紀になってとっても変じゃないかな~ 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2014/04/02 23:05)

インタビューに困った時は・・・ 辻 昌子 - 話し方トレーナー(2013/06/22 11:13)