「社会保険労務士 必修テキスト」その18 - 労働問題・仕事の法律全般 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:労働問題・仕事の法律

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「社会保険労務士 必修テキスト」その18

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 労働問題・仕事の法律
  3. 労働問題・仕事の法律全般

今日は、上記書籍のうち、労働保険料徴収法の部分を読みました。

一般事業の労災保険料は賃金に対して3%(事業主が全額負担)、雇用保険料は15.5%(労働者負担分は6%)です。

よく給料には消費税が課税されないといわれますが、労働者は賃金の6%もの隠れた税金を払っていることになります。

また、事業主は、給料に加えて、12.5%(労災保険料3%+雇用保険料15.5%-労働者負担分6%)も余計に負担があるわけです。

労働者は手取りの給料で考えるのに対して、事業主は社会保険料等込みの総額で考えますから、両者の思いが一致することは難しいですね。

このコラムに類似したコラム

解雇禁止-16、労働保険料徴収法 村田 英幸 - 弁護士(2013/03/04 20:40)

「社会保険労務士 必修テキスト」その13 村田 英幸 - 弁護士(2013/02/16 12:14)

「出向」について、(2) 村田 英幸 - 弁護士(2013/03/31 21:16)

「社会保険労務士 必修テキスト」、まとめ、完 村田 英幸 - 弁護士(2013/03/13 02:57)

解雇禁止-12、雇用保険法 村田 英幸 - 弁護士(2013/03/04 20:32)