プレゼンテーション 78 ~言葉が聞き取れない~ - プレゼンテーションスキル - 専門家プロファイル

リリア株式会社 代表取締役
東京都
人の印象の専門家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

北島侑果
(司会者)
鈴木 達也
(ビジネススキル講師)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

プレゼンテーション 78 ~言葉が聞き取れない~

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. プレゼンテーションスキル
プレゼンテーション

あなたは、プレゼンテーションが上手くなりたいですか?

 

「なぜ、あの人の話が分かりずらいのか?」を紐解くことで、

相手に伝わる話し方に近づくには、何に気を付ければいいかが分かってきます。

話が分かりずらい要因を一つずつ例にあげて解決していきます。

 

声の大小だけでなく、発音、発生、滑舌などの音を繋げてたものが言葉です。

一語ずつの音を相手が聞きとれて初めて内容が伝わります。

今回は、「言葉が聞き取れない」をご紹介します。

 

口を開ける大きさや舌や声帯の使い方、肺からの空気の出し方などにより、

口は楽器にように、さまざまな音を出すことができます。

 

もちろん、人それぞれ個性もあります。

口が小さい方、大きい方、顔の筋肉が少ない方、舌が長い方や短い方、肺活量が少ない方、声帯が・・・など、もともと声には個人差があります。

 

相手に言葉が聞き取れない要因の一つは、口先で話していることが考えられます。

自分では発音しているつもり、しかし、相手には聞き取れないのです。

 

もし、こんなことを言われたことがある方は注意が必要です。

 

「舌が長い(短い)の?」 

「滑舌が悪いね」

「早口で聞き取れない」

「もっとゆっくり話してくれない?」

「今、何って言ったの?」

「何言っているかわからない」

 

あなたの言葉を相手が聞き取れないときに使うコメントです。

一語ずつ、丁寧に発音すれば、解決できます。

 

プレゼンテーションの前に、会話の中で練習してみましょう。

自分では、ゆっくり過ぎると思うくらいに話してみてください。

そして、相手の反応を見てみましょう。

「話すスピードが遅いかな?」「もう少し早く話してみようか?」など、相手に質問してみるのも良いですね。

 

相手に言葉が伝わるちょうど良いあなたのスピードにチューニングして、その速度を身に付けましょう。

 

 

・あなたの言葉は相手に届いていますか?

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 人の印象の専門家)
リリア株式会社 代表取締役

人と人のコミュニケーションに欠かせない印象マネジメント

イメージコンサルティング、コーチング、カウンセリング、の技術を習得後、自身のブランディングの効果を元に、人の印象の専門家として、人のポテンシャルを最大化させる「印象マネジメント」を体系化し、企業向け、個人向けサービスとして現在展開中。

カテゴリ 「プレゼンテーション」のコラム

このコラムに類似したコラム

【英語プレゼン】恋の告白とプレゼンの共通点 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/02/12 11:00)

【英語プレゼン】聴衆に道しるべを 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/02/04 11:00)

【英語プレゼン】プレゼテーションはプレゼント 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/01/27 11:00)

【英語プレゼン】効果的な話し方 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/01/23 11:00)