熊本最高!、でも日本はやはり“売り”!? - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

熊本最高!、でも日本はやはり“売り”!?

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
よもやまブログ
こんばんは!

さて、先週末はブログにも書きましたが、熊本に行ってまいりました。
12年ぶりくらいだと思うのですが、初めて熊本城をゆっくり見学することができました。

ちょうど築城400年を迎えてのイベントを行っており、なんとボランティアの方が、熊本城を案内してくださいました(嬉)。ボランティアの幸さん、本当にありがとうございました。
※名前もすばらしいですが、素敵なシルバーエイジの男性でしたよ。

嫌な事件の多い今日この頃ですが、久々に人の「やさしさ」や「人情」を感じることのできるひと時でした。

で、もちろん、仕事もしっかりやってきました(会議会場の前での写真です!)。
熊本支部の宮島支部長、岩本さんはじめ幹事の皆さん、大変お世話様でした。

熊本のFPの方たちにも、国際分散投資の「意義」や「メリット」などをお伝えすることができ、大変良かったと思っています。
また、機会があれば、“馬刺し”食べに行きたいですね(笑)



さて、一方、マーケットは相変わらずの動きですね。

特に、このところの注目は、外国人による“日本の債券”の売り越しが最大規模になっていることです。

日本の株式が、外国人によって売り越されていることは、以前メルマガなどでもお伝えしましたが、ここにきて国債をはじめとした債券への“売り”が加速しています。

先週の売り越し額は、ついに2兆3000億円を超えました。


本来であれば、株式からの逃避資金が、債券に向かうところですが、欧米の金融機関やヘッジファンドが、資金調達のため、中長期債券などの換金に走っているようです。


でも、株も債券も売りとなると、果たして日本は何を買ってもらうのか??


投機資金は別として、投資は中長期のおける将来性を「買う」行為といえます。


さて、では日本における将来の魅力とはなんでしょうか!?

皆さんは、なんだと思われますか。。んー

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム