少ないパンでもわが子と分かちあうべき - 親子・家族間トラブル - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

少ないパンでもわが子と分かちあうべき

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 親子・家族間トラブル

このフレーズに象徴されるように、扶養をすべき者が生活をいとなむに際して、扶養を受ける者と、同じ程度の生活レベルを維持すべきと考えられています。

これを「生活保持義務」といいます。

したがって、こどもの養育費について、所得の低い夫が、支払義務を免れることは、ありません。

 

なお、逆に、子供が老いた親を扶養する場合にも、上記の生活保持義務の考え方があてはまります。

 

このコラムに類似したコラム

子が複数いる場合の養育費の算定方法 村田 英幸 - 弁護士(2013/04/03 20:09)

養育費算定表を超える高額所得者の養育費の減額計算方法 阿部 マリ - 行政書士(2015/05/05 14:00)

女子高校生の父親には別に家庭がある 田中 圭吾 - 行政書士(2014/08/17 11:51)

増井良啓「租税法入門(7) 所得税法のしくみ」 村田 英幸 - 弁護士(2013/09/26 09:57)

財産分与を受けた側は非課税 村田 英幸 - 弁護士(2013/09/24 11:27)