「貯金にまさる保険はない!」って? - 保険選び - 専門家プロファイル

大関 浩伸
株式会社フォートラスト 代表取締役 FP技能士
東京都
保険アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「貯金にまさる保険はない!」って?

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
誤認識?FPが語る主観論の検証
これは有名なFPの言葉です。
「万が一のことばかり考えても、それが起こらない可能性が圧倒的に高いのですから」
という流れからのものでした。

そもそも、貯金と保険は別のものです。
そもそも、貯金が保険の一種であるかのように断定してしまうことが間違いの元です。

「貯蓄で賄えないから保険制度がある」ということがいつの間にか完全に抜けちゃっている


みたいですね。

事故や不幸に逢ったごく少数の方を救済するために、大多数の方が、損を承知で加入する
「相互扶助の精神」から保険が成り立っていることをきちんと理解していないことを公表
しているようなものです。

また、

保険には「制度」と「商品」という2つの側面があること


も認識していないようです。掲題を唱える方は後者の意味合いでしか捉えていないのです。

また、保険に加入して助かったという実例に遭遇したことがないのでしょう。

いつでも誰でも始められる貯金と違って、保険独特の「健康な方しか加入できないという資格」
の意味を軽視するようでは、とても専門家という程ではなく単なる評論家の域を出ていないこと
になりますね。

(続く)