非機能要件の重要性 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

非機能要件の重要性

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
IT化
中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。
今日は非機能要件についてのお話です。

情報システムの高度化・大規模化が進むに従って、「非機能要件」の重要性が改めてクローズアップされています。

システムがどのような処理を行うかを決める「機能要件」は熱心に検討するのに対して、性能や信頼性、セキュリティといった「非機能要件」はあいまいにしがちです。

こういった部分は「外部の専門家に任せたい」という考え方もありますが、業界全体においても非機能要件の重要性がどこまで理解されているかは疑問です。

こういった状況を踏まえると、中堅・中小企業においても非機能要件に関する一般的な知識は知っておいた方が良いでしょう。

http://coin.nikkeibp.co.jp/coin/nc/ncf08s/d/

そのためには、上記のようなセミナーに参加してみてはいかがでしょうか。

細かい技術論まで理解する必要はありません。非機能要件として考慮すべきポイントが理解できれば十分です。

非機能要件をあいまいにしたままシステム開発を進めると、大きなリスクが伴うのは、中堅・中小企業であっても変わりません。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IT化」のコラム

メガネ型ウエアラブル端末(2016/11/30 09:11)

IT企業の再編・統合(2016/11/02 08:11)