All About で Perl ガイドになりました - PCサポート・IT環境全般 - 専門家プロファイル

井上 みやび子
すぐ使える株式会社 代表取締役
東京都
Webエンジニア

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:PCサポート・IT環境

田中 紳詞
田中 紳詞
(経営コンサルタント/ITコンサルタント)
小坂 淳
小坂 淳
(ウェブ解析士マスター)
田中 紳詞
(経営コンサルタント/ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

All About で Perl ガイドになりました

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. PCサポート・IT環境
  3. PCサポート・IT環境全般
製品・サービス 会社情報

Perl を愛して、もうそろそろ15年です。2013年2月から、All About 本体の方の Perl ガイドを務めさせていただける事になりました。

Perl (ぱーる)はプログラミング言語、つまり、私がシステムを開発する時に使っている言葉です。

まだ連載2回分が公開されたばかりで、まずは「システム開発」と言うよりはちょこちょこ使いのツールとして事務処理などを快適にこなす方法を具体的にご紹介していきます。「Perl」など聞いた事も無い、という方でも分かりやすい記事を目指していますので、どうぞ覗いてみて下さい。

Perl をガイド - All About

ためになる(かもしれない)蛇足

「プログラミング言語」というのは、人間が考えやすい言葉でコンピュータにこうして欲しい...という意図(命令)を伝える目的で作られた人工言語です。コンピュータはこれらの言葉をそのままでは理解できないので、コンピュータと人間の間を翻訳するソフトウェアができた段階で、開発用ツールとしてのその「プログラミング言語」が成立する事になります。

つまり、プログラミング言語の実体は、その翻訳・実行用プログラムだと言えます。


ところで、エンジニアがどのプログラミング言語を好んで使うかというのは、少々哲学的な問題を含みます。

人に何かを伝えたいと思った時、使う言語に無い概念を伝える事はできませんよね?たとえ感じる事はできたとしても言葉で伝える事ができません。プログラミングの時も同じ事が当てはまり、一つのプログラミング言語を使って開発できる(そもそもこういう事をしようと発想する)事は、その言語で実現可能な範囲に「閉じ込められて」しまうのです。

このためエンジニアは自分の可能性を閉じないためにしばしば他の言語を試しますが、それでもそれぞれ「母語」に当るものを持っているので、同じ「母語」を話すエンジニアはやはりどこかしら共通点があるような気がします。

もしこのコラムを読んでスルスルと頭に入る方は Perl 向きかもしれません(笑)。「CSVフォーマットを整形する」など、日常業務に役に立つ話題も取り上げますので、何か機会がありましたら是非のぞいてみて下さい。

Perl をガイド - All About

このコラムに類似したコラム

ソーシャルネットワークは面白い!! 千葉 英男 - Webプロデューサー(2011/09/12 16:18)

パーソナルクラウドサービス(Dropbox) 千葉 英男 - Webプロデューサー(2011/04/30 07:28)

Facebookは今 熱い その2 千葉 英男 - Webプロデューサー(2011/02/23 23:19)