火加減 - 料理・クッキング全般 - 専門家プロファイル

加藤 和子
東京都
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

料理をする上で火加減は大切です。
まずはとろ火の説明から
 とろ火とは火のついている、ギリギリのと状態です。カレー、シチュー、おでん等を一旦煮たってから暫く煮たい時です。

弱火とは
 弱いけれど鍋のなかの材料の表面が、フツフツと静かに動いている事です。モナリザの微笑みとでもいいましょうか。

中火とは
  鍋の中の材料の表面がフツフツと勢いよくうこいている状態です。一番煮物などをする上で無難な火加減です。

強火とは
 鍋の底いっぱいに火が当たる状態です。材料の表面が、グラグラしています。炒め物は大抵強火です。
 しかし、鍋底からボーボーと炎が出ると危なですから、注意が必要です。

*揚げ油の温度です
低温→150度~160度くらいで、衣をいれると、じわーーーっと沈み、じわーーーっと上がってくる状態です。
中温→180度位です。一般的な揚げ物はだいたいこの温度です。衣などをいれると、途中までで、スーっと上がってきます。
高温→200度くらいです。衣をいれるとスっと上がってきます。めったに使いません。

以上の火加減をうまく使い分けて、美味しい料理を作りましょう。

このコラムに類似したコラム

豚肉の梅酒煮 加藤 和子 - 料理講師(2013/05/30 14:41)

プロファイルの質問から生まれた商品 パンミックス☆ 不破 美穂子 - 料理講師(2013/05/07 13:15)

煮魚 加藤 和子 - 料理講師(2013/04/26 12:34)

成人式やバレンタインデーに!チキンロールのロースト♪ 坂本 孝子 - 料理講師(2013/01/12 15:17)

大阪レポート第2弾! お好み焼き「時分時」へ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/01/10 23:58)