リフォーム後の住みごこち - 二世帯住宅 - 専門家プロファイル

志田 茂
志田茂建築設計事務所 代表
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リフォーム後の住みごこち

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 二世帯住宅
リノベーション>リフォームを超えて リノベーション・・何ができる?

昨日、現在リフォームの設計中のTさんご家族に、同じように 住宅リフォームの 杉並の家R  のSさん宅を見ていただきました。

Tさんとの打合せの中で、(オープンハウスの時にはご都合が悪くて来ていただけなかった) 杉並の家R が可能なら見てみたい との話が出たので Sさんにお話すると 心良く了解してくださいました。

Tさんご夫婦は、私のHPでも 杉並の家R のページをよくご覧いただいていたので、「これが あれね!」という感じで、写真と現物を重ね合わせながら実感していただけました。

住宅を全面的に改修する場合に、それまで部屋の仕切り壁の中にあった 柱 や 梁 が露出する場合があります。Tさんのリフォームの場合にも、一部 そうゆう状況があるので、実際に柱や梁が露出している 杉並の家R を見て 「こんなふうになるんだね」 と知っていただけた事もよかったです。

そうゆうのが嫌いな方もいらっしゃるとは思いますが、部屋の仕切りをなくす以上しかたない事です。家を支えている構造体が露出するのは、家自体を身近に感じてもらえると思うので、私は むしろ「いい事」だと思っています。時々 「頑張ってるね!ありがとう!」と、声を掛けてやって欲しいくらいです^^。

**

ご自分の家を考えている人が、他の人の家に行って絶対に聞いてみたいだろうと思う事・・・

「住みごこちはどうですか?」

Tさんは Sさんに聞かれました。 ちょっと冷や冷やでしたが、「とてもいいですよ!」とSさん。 設計者を前に 「いや、、ちょっと。。」とも言えないでしょうけど、、Tさんが帰られた後 Sさんご夫婦とお話していた中でもそう言われていたので、間違えないと思います。^^ (ありがとうございます!)

1年経った頃、ご主人Sさんは、床の杉板に、ちゃんとワックスを掛けられたそうです。そんなふうに大切にしてくださるのだから、リフォームして生まれ変わった家は、幸せです。

**

Sさんのお子さんTくんは、この家でノビノビと走りまわり、飛び跳ねています。床の杉板は、もうあちこち傷やへこみだらけ。でも、それは嫌なものではなく、この家の質感とでもいうような感じがします。そして、Tくんはもとより、マンション住まいだった時の下階の人への配慮とそのためにTくんを怒る必要がなくなったご夫婦にとっても、幸せな印なのかもしれません。

---------------------

住宅のリノベーション なにができるか

このコラムに類似したコラム

リフォーム・・どんな事ができるの?誰に頼むの? 志田 茂 - 建築家(2012/08/10 15:57)

ムラサキツユクサ 野瀬 有紀子 - 一級建築士 インテリアコーディネーター(2016/07/24 22:50)

インテリア&リフォーム iemo に紹介して頂いています 三竹 忍 - 建築家(2016/06/03 14:50)

家づくり相談会「住スタイルTOKYO2016」出展 三竹 忍 - 建築家(2016/05/28 08:00)

2週間連続、第1位、ありがとう 三竹 忍 - 建築家(2016/04/24 13:56)