解決不能な問題に向き合い、「受容」に至る道 - 恋愛の悩み・問題 - 専門家プロファイル

阿妻 靖史
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

解決不能な問題に向き合い、「受容」に至る道

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 恋愛の悩み・問題

恋愛セラピストのあづまです。

解決できない問題に向き合うとき、人は次のように反応するといわれています。
エリザベス・キューブラー・ロスの、死を迎える人のターミナルケアの経験によれば、

人は、解決不可能な問題に向き合ったときに、
【否認】【怒り】【取引】【抑うつ】【受容】の段階を経ます。


【否認】とは、そもそもそんな問題はなかったのではないか、何かの間違いではないかと考える段階です。

しかし、次第に幻想は消え、やはり自分は解決不可能な問題に直面していることが否定できない事実として迫ってきます。すると、なぜ自分がそんな目に遭わなくてはならないのか憤慨し、【怒り】ます。

その後、何とか逃れるすべはないか、【取引】をします。病気であればありとあらゆる治療法や、宗教に頼る(神様と取引する)道を探します。

しかし、やはり方法はないと悟ると【抑うつ】状態に陥ります。

そして最後に、100%幸せというわけではないけれど、現状を【受容】するにいたり、落ち着いた状態になります。


死は誰にも避けることの出来ない「解決できない問題」ですが、経済的な問題や夫婦関係においても、すぐには解決できない問題が立ちはだかったときに、私たちは同様の反応をすることがあります。

このプロセスを知っておくと、無駄なエネルギーを使わず、流れに任せて気持ちの整理をつけていくことも出来ます。その上で、ある程度落ち着いた気持ちで、そのとき出来る最善の道を選ぶことが出来ます。

解決できない問題を受け入れ、解決できる問題については、現実的にとり組む。

私自身も、いざ自分の手に負えない問題に直面したときに取り乱さずにいられるとは思えませんが、それでも、こうしたプロセスを頭の隅に置いておくことで、少しは無駄なエネルギーを使わずに、使うべきところに時間とエネルギーを使えるのではないかと考えています。

「心理学に関するコラム:女と男の心のヘルス」

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

「パートナーと出会えない人に共通する3つのこと」 ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2013/07/08 16:04)

「違う意見を尊重しよう」 ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2013/06/23 18:00)

自分の無意識にも責任を持つ、という高い意識を。4 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2013/04/12 14:00)

同棲生活ってどう?結婚への同棲、別れる同棲 4 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/12/30 21:00)