小規模サイト向け CMS 「すぐ使えるCGI」にワンコイン新料金 - ホームページの保守・運用 - 専門家プロファイル

井上 みやび子
すぐ使える株式会社 代表取締役
東京都
Webエンジニア

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

小規模サイト向け CMS 「すぐ使えるCGI」にワンコイン新料金

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページの保守・運用
製品・サービス 「すぐ使える」製品シリーズ

みなさまこんにちは。今日は、弊社で販売している小規模サイト向けCMS(※)「すぐ使えるCGI」がワンコイン(月額)でお使いいただけるようになりました、というご案内です(画像上)。

※ CMS=Content Management System、ホームページ更新ツール

ワンコインといっても実はそれに消費税が付きますので 525円です。それから、525円のお支払というのは手数料の割合がかなり高くなってしまいますので、最低3か月の契約をいただいています。このため、こちらの方(画像下)にもおいでいただく事になります。恐縮ですがどうぞよろしくお願い致します。

5千円って高いですか?

ところで、この CMS「すぐ使えるCGI」は売り切りの場合は 5千円(税込 5,250円)で販売しているのですが、これって高いでしょうか?

「すぐ使えるCGI」のコンセプトの一つは、小規模サイトであっても必要な時には容易に更新が行えるようにする事です。

毎回 30分かかっていた更新が 10分でできるようになる...それもブラウザがあれば誰でも、どこからでも...、結果として、面倒だとついつい怠りがちになる Web サイト更新を少しでも頻繁にできるようにしたいと思っています。専門の管理者のいないサイトで WordPress のような複雑なツールに手を出すと、ツール自体は無料でも管理に却って時間がかかりますので、「すぐ使えるCGI」ではなるべく機能を複雑にせず、「分からない事」や「自信の無さ」が無い状態で使っていただける事を目指しています。

機能だけを比較してしまうと割高の印象があるかもしれませんが、ストレスの無い爽やかな毎日のためにこれを機会にぜひお試しを。

月額 525円のご契約を頂く前にも、1か月無料トライアルが可能です。

5千円って安すぎますか?

このサイトにコラムを書いている株式会社環の小坂さんが「相見積をとったら一番高い所と一番安い所は除くべし」と書かれていますが、もしかしたら「5千円のCMS」は安すぎるのでしょうか?

確かに一般的に CMS というと、この値崩れの激しい現在であっても最低 5万円程度、高ければ数千万円のライセンスでも普通です。

でもこれらの高額製品には、プログラム開発の値段だけではなく懇切丁寧に説明をしてくれる営業用の費用などが含まれているのです。安心料ですね。大規模な組織が運営する大規模サイトの場合はこういった安心保証が必要になってくるのですが、「すぐ使えるCGI」は小規模サイト向けなのでそのあたりの手順を省いて、「書いてある事は読んで下さい」「ご自分でできることはやって下さい」という考え方で価格の方を下げています。

また、これは、自分自身がものづくりをする人として、自分でやった方が楽しい(だろう)と思っているからでもあります。

という事で、何となく自分で作るのがお好きな方はこれを機会にぜひお試しを。延々と説明を読むよりは、実際に使ってみた方が25倍位は楽に理解できると思います。

URL

小規模Webサイト向けCMS「すぐ使えるCGI」
http://sugutsukaeru.jp/


今回の新料金コースについてのご案内はこちらからご覧下さい。
http://sugutsukaeru.jp/c/price_list.html

このコラムに類似したコラム

★TryCMS ニュース機能★ 三井 博康 - Webプロデューサー(2012/06/20 21:25)

ウェブページ更新ツール VerUp。売れない製品を終売しない理由 井上 みやび子 - Webエンジニア(2011/08/30 14:48)

自社サイトコンテンツの制作の仕方 その1 三井 博康 - Webプロデューサー(2014/01/27 13:18)

CMS導入と未導入のホームページの違い 三井 博康 - Webプロデューサー(2013/12/10 14:09)

クラウド・コンピューティングとは何? 三井 博康 - Webプロデューサー(2013/12/10 11:21)