プレゼンとパワーポイントの資料をマッチさせるには? - その他オフィスソフトの基礎・活用 - 専門家プロファイル

山田 進一
株式会社オリファイ 代表取締役社長
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:パソコン操作・Word・Excel

岩本 裕二
岩本 裕二
(ファイナンシャルプランナー)
岩本 裕二
岩本 裕二
(ファイナンシャルプランナー)
岩本 裕二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年03月29日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

プレゼンとパワーポイントの資料をマッチさせるには?

- good

  1. スキル・資格
  2. パソコン操作・Word・Excel
  3. その他オフィスソフトの基礎・活用
パワーポイント


プレゼンを聞いていて、しゃべっている内容と
投影されているスライドがどうもチグハグな感じがする時
ありませんか?

こんな時、パワーポイントの
スライドの作り方がおかしい場合が多いです。

パワーポイントのスライド上の流れと
話の流れが合っていないのです。

では、どうすればいいのか?

■パワーポイントの流れは、左から右へ、上から下へ

このように話が流れるようにつくるべきです。

例えば、プレゼンの内容が
新製品の説明だとします。

そして、話したい内容が

1.現在の問題点
2.解決策
3.解決策の実現する新製品の特徴

だとします。

そして、パワーポイントの
1枚のスライドで説明したい場合は
このようにつくるべきです。

1→2→3
と左から右へ、もしくは






と上から下へ話が流れるようにするべきです。

特に、いいたいトピックスが
何個かある場合、つまり
1.問題点として3個のトピックス
2.解決策として3個のトピックス
3.新製品の特徴として3個のトピックス
とあるばあいは、左から右へ流れるようにするべきです。

これで、アナタの話とパワーポイントの資料が
ピッタリあって、聞いている人もわかりやすくなります。

ちょっとしたことですが、
効果大なので、是非、アナタのプレゼン資料作成に
活かしてくださいね。


引用元
プレゼンとパワーポイントの資料をマッチさせるには?