プレゼン:説得力のある聞きやすいプレゼンのコツ - プレゼンテーションスキル - 専門家プロファイル

株式会社オリファイ 代表取締役社長
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

プレゼン:説得力のある聞きやすいプレゼンのコツ

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. プレゼンテーションスキル
プレゼンテーション


プレゼンで、聞きづらいプレゼンってありませんか?

しゃべっている内容も、プレゼンしている人柄も申し分ないのに、
聞いててイライラしてくるプレゼンには、
実は共通点があります。

逆に、内容はたいしたことがないのに、
非常に聞きやすく、説得力があるプレゼンというのもあります。

では、どうすればいいのか?

ものすごくシンプルですが

■ゆっくりしゃべる

これだけでOKなのです。

ゆっくりしゃべるだけで、アナタのプレゼンは
グッと説得力を増すのです。

しゃべってる内容がいいのに、
早口でプレゼンされると、
イライラしてきますからね。

でも、気をつけているんですが、
プレゼン中に、どうしても早口になってしまうんです
というアナタへ、簡単にできる対処法があります。

それは、

■一単語、一単語ずつ、一息置く

これを意識的に、プレゼンでやってみるのです。

例えば、プレゼンの最初で
「本日のプレゼンでは弊社新製品の特徴をご説明いたします。
質疑応答の時間を最後に用意しておりますが、
ご不明な点がございましたらご遠慮なく途中でご質問ください。」
とパートがあるとします。

早口の人は、一気にバーっと、
しゃべってしまい、かなり耳障りに聞こえます。

これを
「本日のプレゼンでは(一息置く)
弊社新製品の特徴を(一息置く)
ご説明いたします。(一息置く)
質疑応答の時間を(一息置く)
最後に用意しておりますが、(一息置く)
ご不明な点がございましたら(一息置く)
ご遠慮なく(一息置く)
途中でご質問ください。(一息置く)」

これぐらいのペースでしゃべるのです。

こう、文字にすると、
ゆっくりすぎないか?
と不安になるかもしれません。

プレゼンする方はそう心配するかもしれませんが
プレゼンを聞く方は、むしろ、これぐらいで
丁度よく、ゆっくり話された方が、説得力を感じます。

プレゼンの途中でも、あ、早口になってきたな、
と感じたら、意識的に、一単語ずつ一息置いて
ペースを落としてください。

たったこれだけですが、アナタのプレゼンが
説得力のある聞きやすいプレゼンになります。

アナタのプレゼンに是非、活用してくださいね。


引用元
プレゼン:説得力のある聞きやすいプレゼンのコツ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
株式会社オリファイ 代表取締役社長

プレゼンマスター

「素晴らしいものは、もっと多くの人に伝えられるべきである」という理念の元、あなたの素晴らしさ【伝える】ための、プレゼンテーションやインターネットを中心としたマーケティングに関するサービスを提供いたします

カテゴリ 「プレゼンテーション」のコラム