日経記事;『有機EL超える画質、東洋紡が液晶用フィルム量産 慶大と開発、コストも低減』に関する考察 - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経記事;『有機EL超える画質、東洋紡が液晶用フィルム量産 慶大と開発、コストも低減』に関する考察

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 各種の新規事業・事業拡大
経営コンサルタントの活動 新規事業開拓・立上支援

皆様、
おはようございます。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

2月4日付の日経新聞に、『有機EL超える画質、東洋紡が液晶用フィルム量産 慶大と開発、コストも低減』のタイトルで記事が掲載されました。

本日は、この記事に関して考えを述べます。

記事の主な内容は以下の通りです。

『慶応義塾大学の小池康博教授らは、テレビなどの液晶ディスプレーに組み込むだけで、有機ELを超える画質を実現できるフィルムを開発した。

高価なフィルムを使わないため、今の液晶ディスプレーよりもコストを抑えられる。東洋紡が4月にも、年産能力1万トン規模で量産を始める。液晶関連部材は日本が強みとする分野。高い技術力を生かし新興国勢を引き離す。

慶応大と東洋紡が開発したフィルムは、サングラスでも映像が鮮明に見える。

見る角度によって色や明るさがばらつく今の液晶画面の欠点を解消できる。屋外で使う場面が多いタブレット(多機能携帯端末)やスマートフォン(スマホ)に採用すれば、サングラス越しでも画面が真っ暗にならず、鮮明な映像が見られる。

米国ではスマホやタブレットがカーナビゲーションシステムとしても普及しており、アップルが関心を寄せているという。

色や明るさのむらを防ぐために使われている高価な位相差フィルムが不要になる。新フィルムの原料はペットボトルと同じ樹脂で安価だ。

同社は昨秋、犬山工場(愛知県犬山市)で試験生産を始めた。一部のパネルメーカーが評価し、採用を決めた。年産1万トンを面積に換算すると1千万平方メートル程度で、32型テレビ3千万台分。

小池教授は政府の「最先端研究開発支援プログラム」の助成対象者30人に、山中伸弥京都大学教授らとともに選ばれ、今回の技術を開発した。』


本日の記事は、液晶ディスプレーに組み込むフイルムについて書いています。これを組み入れると、有機ELを超える画質を実現できると共に、見る角度によって色や明るさがばらつく今の液晶画面の欠点を解消できるとされます。

さらに、高価なフイルムを使わないので、今の液晶ディスプレーよりも製造コストを抑えられます。

この新型フイルムは、いいことづくめのものであり、今後の応用範囲拡大が期待できます。パソコン、スマホやタブレット端末機器、テレビなどへの応用が期待できますので、大きな新規事業機会となります。

素材分野は、国内企業の得意分野であり、この新型液晶フイルムは、大きな事業に成長します。政府は、素材産業を今後の重要な事業分野の一つとして位置付けていますので、各種支援策を実施しています。

例えば、政府は科学技術によるイノベーション(技術革新)の創出を目指し、次世代自動車やスマートフォン(スマホ)などに使う素材研究に力を注ぐ方針を打ち出しています。

炭素繊維を含めて国内素材産業は、上記政府支援もありますので、今後とも差別化・差異化な技術や商品で既存事業領域の強化を図ると共に、新規市場開拓が可能になります。

国内産業の競争力強化の点からみますと、最終商品分野でこの新型液晶フイルムを使った競争力のある新商品を国内電機メーカーから出して欲しいところです。

例えば、シャープが昨年後半から出荷開始しました、新型液晶パネル「IGZO(イグゾー)」
です。

IGZOは、現在多くのスマホやタブレット端末機器に搭載されつつあり、出荷量が伸びています。シャープは、IGZOの出荷量増加により、最近の発表では、5四半期ぶりに営業黒字とすることができたとされています。

もちろん、大幅なリストラ効果もあった上での営業利益確保であることは言うまでもありません。

しかし、黒字化にIGZOの他社への販売や、自社のIGZO液晶搭載モデルが好調な携帯電話も収益改善に貢献したことは大きな意味を持ちます。

それは、新商品の大幅出荷量の増加になっているからです。集中と選択は、合理化だけでは効果が出ません。

並行して行なう新規事業立ち上げが必要不可欠がないと、単に事業領域を縮小するだけになりジリ貧になってしまうからです。

これが今の国内電機メーカーにとって必要不可欠なことなのです。

このIGZOに新型液晶フイルムが使われますと、さらにIGZOの競争力が強化され、シャープの業績回復に貢献する可能性があります。

ソニーが1月上旬の「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」で発表したスマホ「Xperia Z」を、NTTドコモが2月9日に発売します。NTTドコモの加藤薫社長が「春モデルのイチオシ」と太鼓判を押しているようで、現時点で非常に高い期待を集めている端末であり、実際「予約も好調」とのこと。

このXperia Zが前評判通りに売れれば、シャープのIGZOと同じようにソニーの牽引力になる可能性があります。さらに、Xperia Zに新型液晶フイルムが搭載されると、商品競争力が強化されます。

両社には、この新商品を機に競争力の回復を期待したいところです。スマホやタブレット端末機器は、アマゾンやグーグルなどが仕掛けた廉価版の売上が伸びています。

アップルもこの影響を受けて、収益が低下し始めました。

アンドロイドOSを採用したスマホ分野では、サムスンの一人勝ちになっています。市場の変化が始まる時期に、シャープやソニーなどの国内勢の巻き返しができるかどうか注目しています。

さて、新型液晶フイルムは、既存の液晶だけでなく、有機ELの画質向上にも幅広く使えますので、
既存のフイルムを置き換える潜在力を持っています。

素材産業は、今後とも新技術の開発・実用化で競争力を維持・向上させていく必要があります。

同時に、国内電機メーカーは、新型液晶フイルムなどの使用と新機能・性能を出すことで、スマホやタブレット端末機器などの競争力を強化できるかどうか、正念場を迎えています。

国内経済活性化のためには、素材だけでなく、より多くの最終商品で競争力を持つ必要があります。

輸出事業にとっては、円安の追い風が吹いています。シャープやソニーがこの機をとらえて、今後の競争力強化のためにどのような施策を立てて実行していくか注目していきます。

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「経営コンサルタントの活動」のコラム

このコラムに類似したコラム

日経記事;『半導体、次世代技術へ スマホ価格低下も』に関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2013/03/15 11:32)

日経記事;"1人でもメーカー 下がる起業のハードル"考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2012/11/08 11:19)

日経記事;"iPS細胞、効率よく培養 ニコンや島津が専用装置"考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2012/10/06 10:05)