英語リスニング特集4…超エグゼクティブの転向 - 外国文化 - 専門家プロファイル

奥村 美里
フェリシオンジャパン株式会社 ネイティブ英語環境 主宰・同時通訳
東京都
英語講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

英語リスニング特集4…超エグゼクティブの転向

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 外国文化
リスニング実践練習

こんにちは ネイティブ英語環境 奥村です。

英語リスニング、第4弾目は元マイクロソフト幹部で現在はRoom to Read CEOであるJohn Wood氏を取り上げたいと思います。


John Wood氏とは・・・

ケロッグ経営大学院にてMBAを取得後、1991年にマイクロソフトに入社。
30代前半で国際部門の要職につき、オーストラリアと中国に赴任。


休暇で訪れたネパールで途上国の教育の現実を知り人生の針路を転換。
途上国の子供に 教育という贈り物を届け、子供を取り巻く環境から貧困のサイクルを断ち切る活動を開始。

 
1999年末に非政府組織Room to Readを設立。
ネパール、インド、ラオス、カンボジア、ベトナム、スリランカ、ザンビア、南アフリカ等で識字率向上のために活動している。 


マイクロソフトでつちかったビジネスノウハウを駆使し、設立よりわずか8年で240万人の子供に教育をあたえている。


ユーモアも交えたスピーチですので、ぜひ下記から動画をお楽しみください。


【お勧めの取り組み方】

最初に解説を見ずに一通り見て、「こんな内容かなー」「こんなことを言っているのかなー」と想像をしてから下記の解説を見てもう一度照らし合わせて動画をみられるといいと思います。


動画↓
http://www.youtube.com/watch?v=hcY9qQb4X_o


カッコ内は秒数です。

(2:07-3:06)

Nepal is a beautiful country.
It is one of the world's poorest countries.
It has adults living in a dollar a day and 70% illiteracy rate.
So as much as the beautiful place, it's also a country which has significant problems.


In this case, when I was in Nepal, I talked to some people who are Nepalese citizens and I said "Why is your illiteracy rate so high?"
They explained that the parents and government are too poor to afford education, universal education, elites got educated but the broad middle class and masses did not get educated.

And I said
"But if you don't have educated citizens, how will you ever not be poor? "


And that seem like a very cruel catch-22 to be in, for a country.
But it also seems like a cruel situation for three or four or five year old child to be in.


Literally, the child has lost the lottery of life.
If you are born in Otawa,or born in Vancouver, you get to go to school and get education.


If you are born in rural Nepal, the school is like four hour walk away, and you don't get to go to school.

 

【解説】

illiteracy rate 非識字率
significant 重大な
Nepalese citizens ネパール市民
afford ~に対する金銭的な余裕がある
universal 一般的な
broad 広い
mass 大衆
cruel ひどい、残酷な
catch-22 どうもがいても解決策が見つからないジレンマ
literally 文字通り
the lottery of life 人生の宝くじ
rural 田舎の

 


ネパールは美しい国です。
世界有数の貧しい国でもあります。
一ドル以下で日々暮らしている人がおり、70%の非識字率の国でもあります。

美しい国であると同時に重大な問題を抱えた国でもあるわけです。

ネパールにいたとき、ネパール市民に聞いてみました。
「なぜそんなに非識字率が高いんですか?」と。

彼らは、親や政府が貧しいために一般教育にかける費用を捻出することができない、エリートは教育を受けられるけど中級階級の多くや大衆は教育を受けられない、と言いました。

「しかし、市民を教育しなかったら貧困から抜け出せる日は来るんですか?」と私は問いました。

それは国にとってもひどいジレンマ状態にあるように見えました。
同時に、3~5歳の子供にとっても残酷な状況に見えました。

文字通り、子どもたちは人生の宝くじに外れてしまったのです。
オタワやバンクーバーに生まれていれば学校に行って教育を受けることができます。

ネパールの田舎に生まれたら学校は歩いて4時間で学校に行くこともできないのです。


(4:00-4:10)

On the other side of this bridge, was a school that ended up for me, changing my life.


【解説】

end up ~ing 結局~になる


橋の向こう側には結果的には私の人生を変えた学校がありました。


(4:52-5:36)

When the headmaster invited me to see the school's library, I got this very hopeful vision in my head, I thought, you know, a library will have a bunch of happy kids reading books.
When the headmaster walked me over to the library, the reality was so different.
It was just this big empty room.


A library could have existed in this room.
But it did not have shelves, it did not have desks or chairs, and the most importanly it did not have books.


And God knows, I did not wanna be an abnoxous American, and ask the question, but I had to.
I said "Where exactly are your library's books?"
And the headmaster explained, they are in the cabinet in the back of the room, locked up, because the books are so precious.
Because there are so few of them.


【解説】

headmaster 校長
hopeful vision 望みがある光景
a bunch of たくさんの
empty 空っぽの
exist 存在する
shelves (複数)棚
an abnoxous American おかしいアメリカ人
precious 大切な


校長が学校の図書館をお見せしましょうと誘ってくれたとき、 僕の頭の中にはとても望みのある光景が浮かんだんだ・・・
つまりたくさんのハッピーな子供が本を読んでいる光景だよ。
校長が図書館につれていってくれたんだけど現実は全く違った。
(図書館は)ただの大きい空っぽの部屋だったんだ。

この部屋に図書館が存在しうることはできたと思う。
でも棚も机もイスもなかったし最も重要なことは本がなかったんだ。

誓ってもいいけどおかしいアメリカ人でこの質問をしたくはなかったんだけど(質問を)せざるをえなかったんだ。

「図書館の本は一体どこにあるんですか?」

校長の説明によると本は非常に大切で少ししかないから部屋の裏側にあるかぎ付きのキャビネットの中にあるとのことだった。

 
(5:45-)

There were only about 20 books in the cabinet, and they are all completely inappropriate for children.
They were just backpackers' cast-offs.


【解説】
completely inappropriate 全く適さない
backpackers' cast-offs バックパッカーの捨てて行ったもの

キャビネットの中には20冊くらいしかなくて全部が全部子供には全くふさわしくない本だった・・・
単なるバックパッカーの捨てて行った本だったんだ。


(6:20-)

I thought "What can I do to help?"
And I wondered to myself, would it be abnoxious to offer?


Who am I, as like this, wealthy, young, white American kid, to offer this headmaster and say "I can help you."
Thankfully he saved me the trouble.
Chapter one of my book is titled "Purhaps Sir, you'll someday come back with books."


「何ができるだろうか?」と考えた。
そしてそんなこというのは変かな?とも考えた。

校長に向かって「お助けできますよ」って、金持ちで若くって白人のアメリカ人が、何者だよって感じだよね。

でもうれしいことに彼(校長)は手間を省いてくれた。
僕の本の第一章のタイトルは
「今度いらっしゃる時には本を持ってきていただけませんか?」だよ。
(=校長は「今度いらっしゃる時には本を持ってきていただけませんか?」と僕に向かっていったんだ。)


いかがだったでしょうか?

なお、今日はバレンタインなので、それに関連した記事を
ブログにアップしています^^
よければ読んでみてくださいね。

http://ameblo.jp/nativeeigo/entry-11461944846.html


ではまた明日♪

Happy valentine's day!

この機会にメルマガにご登録をどうぞ。無料で英語力アップのメルマガが届きます。

http://outloud-english.com/landing_allab/


今回も最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。

今日があなたにとって特別に素敵な一日になりますように!


ネイティブ英語環境 奥村美里
http://www.nativeenglish-env.com/

このコラムに類似したコラム

無料体験授業のご案内 黒澤 文子 - 英語講師(2013/04/24 18:52)

不可解な日本人:機内放送の英語と日本語の大きな違い 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2012/05/23 15:56)

悠々列車 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2012/05/11 14:36)

アメリカで『私の娘』と呼ばれました 奥村 美里 - 英語講師(2012/02/16 07:00)

【東大が秋入学?】 - 実は、あなたの会社にも影響? 森 滋昭 - 公認会計士・税理士(2011/07/16 10:03)