丹田をパワーアップさせる究極のヨガエクササイズ - ヨガ全般 - 専門家プロファイル

辻 良史
筑波大学発ベンチャー(株)サイバー・ヨガ研究所 代表取締役
東京都
博士(体育科学)

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

丹田をパワーアップさせる究極のヨガエクササイズ

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ヨガ全般
無敗脳

「火の呼吸」で一生負けない脳をつくる無敗脳ヨガ道場の辻です。


本日は、「臍下丹田」をパワーアップさせるヨガのエクササイズをご紹介いたします。


これは、クンダリーニヨガの「ストレッチポーズ」と呼ばれるエクササイズです。


「ストレッチポーズ」は、クンダリーニヨガのポーズの中で最も重要なポーズです。


座って行う「火の呼吸」の強化版という位置づけです。

 

やり方


①背中(肩甲骨のあたりから)を床から少し浮かします。


②あごを軽く後ろに引きます。


③両足を床から15センチ程浮かします。


④両足を閉じ、つま先を伸ばします。


⑤両腕を床から浮かし、手のひらはそれぞれ太ももに向けます(手は体にはくっつけません)。


⑥視線を両足の親指に向けます。


⑦目の高さと両足のつま先が同じ高さになるように調整します。


⑧「臍下丹田(へそ下3-5センチのあたり)」に意識を向けます。


⑨「火の呼吸」をします(1秒間に2,3回の鼻での腹式呼吸)。


目標1分 (アスリートの方は3分)

 

終わったあとは、シャヴァアーサナ(屍のポーズ)の姿勢になります。 

 

シャヴァアーサナで、「ストレッチポーズ」の効果をしっかり感じます。

 


全てのヨガにいえるのですが、シャヴァアーサナは、単なるリラックスのポーズではありません。 

 

行ったエクササイズの効果を感じるための大切なポーズの一種です。 

 

そして、実は最も集中力を要し、鋭敏な感覚が必要とされますので、ヨガの中で一番難しいポーズといえます。

 

「ストレッチポーズ」を毎朝、朝食前に行ってみてください。 

 

続けていくうちに、身体にターボエンジンを搭載したような感覚が生まれてきます! 

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

東京都 港区 田町【無敗脳ヨガ道場辻でした。 

このコラムに類似したコラム

ヨガ式 立禅!「アーチャー・ポーズ」 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/11/16 19:00)

「火の呼吸」とポーズの関係 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/11/15 18:57)

一流と二流の違いは「集中力」にあり! 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/06/07 12:00)

6-8週間で脳の構造自体が変化する 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/05/06 07:00)

中国とインドの呼吸法 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/04/25 22:07)