情報活用の目的を明確にしよう - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

情報活用の目的を明確にしよう

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
IT化

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。
今日は情報活用についてのお話です。

IT活用の主な目的として、情報活用を促進することがあります。

「勘と経験による経営から、情報を活用する経営に進化したい」といったことは、昔からよく言われています。

IT活用により情報活用を促進することは非常に素晴らしいことと言えるのですが、情報活用に向けた取り組みを軽視しているなと感じることが少なくありません。

乱暴な言い方をすれば、とりあえず重要そうな情報を集めて共有しておけば、あとは自由に活用してくれるだろうという考え方が幅を利かせているなと感じます。

よくあるパターンとしては、

・情報を収集して共有しているが、全く利用されていない
・逆に情報活用に対して、現場の理解が全く得られていない
・無意味に情報収集を進めているために、情報が散在している
・その結果として、逆に現場が混乱したり、セキュリティリスクが大幅に高まっている

といったことが挙げられます。

まずは情報活用の目的を明確にすることから始めたいですね。

浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IT化」のコラム

メガネ型ウエアラブル端末(2016/11/30 09:11)

IT企業の再編・統合(2016/11/02 08:11)

このコラムに類似したコラム

利用部門のセキュリティ担当者向け試験 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/10/20 10:52)

最新を知り最適を選択する 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/03/26 11:08)

セキュリティセミナーのご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/03/15 14:56)

IT活用における裏方の存在 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/07/17 10:20)

【IT活用・インターネット活用】無料経営相談会のお知らせ 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/07/03 10:15)