◆なぜ大きくする?なぜ広く? - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

株式会社オリエンタル 
経営コンサルタント
03-3770-2844
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

◆なぜ大きくする?なぜ広く?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
◆起業
たとえば飲食店経営。
よく見るケースですの一つを書きますね。
スタートアップ間もない規模のお店や1店舗目から2店舗目にする場合に多く見られるのが、設備の過充実。

借入などで一時的に予算が多くある場合や、1店舗目は小さいお店だったので、2店舗目は大きなお店にする場合。
そんな時にやりがちなのが、厨房を広くする事。と、余計な設備の充実。

ホテルや大宴会が多く入る立地ならともかく、広くするのはおススメできません。
厨房は狭ければ狭いほど良いと私は思います。
キッチンのスタッフは屈んだり背伸びしたり、あっちに手を伸ばしたりこっちに手を伸ばしたり。
温度だって40度以上の高温は常だったりするし、火を扱い氷を扱い、とにかくストレスフルなわけです。
ただでさえ大忙しな場所。
だから狭いほうが良いのです。

大手の厨房のように、『焼き場担当』『刺し場担当』と担当が分かれてやらないとまわらないオペレーションならともかく、個人店の場合は、必要最低限の人数で出来る事、できる広さを想定したほうが体力が持ちます。
手の届く範囲になんでもあると楽です。

設備のシンプルさも大事です。
資金があるうちに、あれも買っておこう、これも買っておこう、と思うのかも知れませんが、結局宝の持ち腐れとなって、蓋をされ、その上に荷物置き場になっている事多々です。(笑)

船や飛行機のコックピットのように、無駄の無いオペレーションが疲労度が圧倒的に少ないようです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
株式会社オリエンタル 

ネット・リアル・メディアの融合。売れる仕組みを提案し続けます

オリエンタルの尾崎友俐です。MediaMix手法を活用した「集客術」がテーマです。なぜユーザーになるのか、いかに商品を認知させるのか、購入させ続けるのかを研究しています。特に「女性」「食」「生活」「通販」「情報配信」にポイントをおいています。

03-3770-2844
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「◆起業」のコラム

◆残席わずか!!!(2010/09/24 11:09)

◆生き恥をさらす。(2008/11/18 14:11)

◆大事な用事と件数。(2008/06/04 20:06)