法定相続人に行方不明者がいる場合

-

公開日時
2011/03/31 16:58

こんにちは。吉田行政法務事務所の吉田です。

これは、私の実務経験も含めてお話しします。

ある方が亡くなられて、法定相続人が二人いました。

そのうちの一人が、もう15年以上行方不明であり、警察にも捜索願を2回出していました。

この場合、普通「失踪宣告」(行方不明になってから7年経過したときに死亡とみなされる制度)を家庭裁判所に申立てをするのが、常套手段ですが、このケースの場合、「失踪宣告」の申立てを行っていませんでした。

そこで、今回の相続にあたって、家庭裁判所は「不在者財産管理人を選任する」ようにアドバイスがあり、その過程で、私が「不在者財産管理人」に選任されました。

じゃあ、相続財産はどう分割するか?

家庭裁判所は、「法定相続どおりに分割するように」とのことで、実際にいらっしゃる法定相続人と「行方不明の」法定相続人で、2分の1ずつ相続財産を分割する「遺産分割協議書」の案文を提出しました。

その後、私の事務所で相続財産のうち金融機関の解約手続きや、提携司法書士の協力を得て、不動産は実際にいらっしゃる法定相続人の単独所有とし、「代償分割」により、その不動産価格の2分の1相当額を「不在者財産管理人」である私の口座に支払い、結果的に「2分の1ずつ」の遺産分割を行いました。

実際にいらっしゃる法定相続人は速やかに「失踪宣告」の申立てを行い、1年以上経過した現在も、「失踪宣告」は下りていません。

家庭裁判所の調査官が、かなり綿密に事情を聞いたり、証拠品があるかどうかの調査を行っていました。

その過程で、亡くなられた人の離婚した元配偶者が、行方不明になった人の、名前とおそらく行方不明になった時期が書かれた書いた紙を、仏壇において毎日拝んでいる、との事実が発見されました。

また、行方不明になった人について、離婚後も、亡くなった人(元夫)と手紙で連絡を取り合っていた事実も出てきました。

この2点が調査官にとって、「非常に重要な事実である」との判断があり、現在、6か月の検索催告の手続に入り、そろそろ「失踪宣告」が下りるのかなあ、とも思っています。

ここで、肝心なことは、行方不明になった人の死亡とみなされる日付と、亡くなった人の死亡日との関係があります。

もし、行方不明になった人の実際の死亡日が、亡くなった人(父)の死亡日より後であれば、その行方不明になった人(独身・子供なし)の相続が開始し、離婚はしていても、「母」である人が「法定相続人」になります。

このように、行方不明になった人がいる場合の相続は、本に書いてある以上に、複雑で時間もかかります。

実際の実務から得られるものは、何よりも重要です。

私の事務所でも500件以上の相続案件を承っていますが、やはり「実務経験」に勝るものはない、と改めて感じました。

 

「あなたの法務パートナー・相談無料」

吉田行政法務事務所 所長 吉田武広

http://www.yoshidat.net/

http://www.souzoku-supporter.com/ (相続専門サイトです。)

 

このコラムの執筆専門家

(東京都 / 行政書士)

吉田行政法務事務所 所長

いつもあなたの法務パートナーです!

相談には、お時間、料金を気になさらずに、お客様の本当のお悩みをお聞きいたします。お客様のお悩みには、「法律」の範囲で収まらないものも数多くあります。お客様に「相談してホッとした」と思われるよう、スタッフ共々日々精進したおります。

この専門家に相談
遺産相続全般について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。