<相続8>「遺言書」の要式 その2

-

公開日時
2010/12/16 13:23
前回の<相続7>から時間が経ってしまいましたが。
今回は「公正証書遺言」について、
説明させていただきます。
 
これは、遺言者自らが公証役場に赴き、
遺言書を作成してもらうものになります。
 
但し、遺言者が行けない場合は公証人が自宅などに、
来てくれて作成してもらうこともできますが、
費用が別途かかってくることになります。
 
そして、公正証書遺言は、法務大臣が任命した、
「公証人」が法律に則って作成してくれますので、
内容が意味不明なものとなったり、
要式の不備により無効となる心配がなく、
そのうえ、原本は公証役場に保管されますので、
紛失、改ざん、消失などの心配もありません。
 
また、死亡時の検認も不要となります。
 
公正証書遺言の作成の流れは次の通りとなります。
 
1.2人以上の証人の立会いのもと、
遺言者が、公証人に遺言内容を口述する
2.遺言者と証人が内容を確認後、各自署名捺印する
3.公証人が必要事項を付記し、署名捺印する
 
なお、証人になれない人として、未成年、推定相続人、受贈者とその配偶者および直系血族などがありますので、注意が必要です。
 

相続のことなら、「相続おたすけネットワーク」

http://www.souzoku-otasuke.net/
このコラムの執筆専門家

(愛知県 / ファイナンシャルプランナー)

FP&COACHING 代表

FP&COACHING(コーチング)であなたの夢の実現を応援します

FPのスキルとコーチングのスキルをもとに、マネーコンサルタント、ライフコンサルタントとして活動しています

この専門家に相談
遺言について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。