<相続5>兄弟が法定相続人になる場合

-

公開日時
2010/09/01 09:00

税金の話が続きましてので、

今回は税金以外のお話しをしたいと思います。

 

相続で争いになる典型的なパターンの一つに、

ご夫妻の間にお子さんがいないケースが、

よく取り上げられます。

 

お子さんがいる場合であれば、

法定相続としては、

配偶者が2分の1、こども(こどもたち)で2分の1、

で配分されます。

 

しかし、お子さんがなく、

直系のご両親、祖父母がいない場合で、

兄弟姉妹のいずれかがいる場合、

法定相続としては、

配偶者4分の3、兄弟姉妹4分の1、

で配分されます。

 

そして、ここで問題になるのが、

兄弟姉妹への4分の1の法定相続分です。

 

上記の場合、

ほとんどの方は配偶者に100%相続されると、

思っているようです。

 

この配分を知るのは相続が始まってからが多く、

いくら兄弟姉妹であっても、

法定相続されることについて、

納得される方は多くはありません。

 

このような場合に、

有効となるのが「遺言書」です。

配偶者に有利となるような「遺言書」を残すことより、

争いを最小限にすることができます。

 

お子さまがいないご夫婦は、

是非、遺言書を活用してください。

 

次回に続く。

 

相続のことなら、「相続おたすけネットワーク」

http://www.souzoku-otasuke.net/
 
このコラムの執筆専門家

(愛知県 / ファイナンシャルプランナー)

FP&COACHING 代表

FP&COACHING(コーチング)であなたの夢の実現を応援します

FPのスキルとコーチングのスキルをもとに、マネーコンサルタント、ライフコンサルタントとして活動しています

この専門家に相談
遺産相続全般について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。