<相続11>引き下げられる「相続税の基礎控除」

-

公開日時
2013/02/26 11:17
今回は、2015年1月から適用されそうな
「相続税の基礎控除の引き下げ」について
お伝えしたいと思います。
 
現在の基礎控除の計算は、
基礎控除額=5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)
となっています。
 
これが、
基礎控除額=3,000万円+(600万円×法定相続人の数)
となります。
 
結果として4割も引き下げられることになります。
 
配偶者、子供2人であれば
8,000万円までは相続税はかかりませんでしたが、
2015年1月からは、
4,800万円を超えると、
相続税がかかることになります。
 
大都市であれば住宅用として、
土地と建物を所有していた場合であっても、
相続税がかかる方の割合が増えてしまうことになります。
 
但し、これで慌てなければならないかどうかは、
この基礎控除額だけでは判断できません。
 
今まではあまり気にしなくてもよかった特例が、
今後は有効になってくるかもしれません。
 
次回は、その特例についてお伝えします。

 
相続のご相談は
「NPO法人相続おたすけネットワーク」まで。
  
こちらも、ブログもご覧ください。
「FP&COACHING ブログ」
 
このコラムの執筆専門家

(愛知県 / ファイナンシャルプランナー)

FP&COACHING 代表

FP&COACHING(コーチング)であなたの夢の実現を応援します

FPのスキルとコーチングのスキルをもとに、マネーコンサルタント、ライフコンサルタントとして活動しています

この専門家に相談
相続の基礎控除について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。