住宅購入時の親からの援助について

テーマ
  1. 遺産相続
  2. 相続財産

新築一戸建てを購入する予定です。
(契約済)

私、妻、親の3者で
資金を出して購入します。

出資割合は上記の順に7分の3、7分の1、7分の3です。

登記の持ち分に関しても、上記と同じ割合にて
行う予定ですが、

住宅取得費用の特例を利用して
一定額、今の段階で贈与という形で
持ち分を利用したほうが税金は少なく済む、
ということはありますでしょうか。

相続時の話になってくるので、
縁起でもない、ということでなかなか
話しづらいところがあり、質問させてもらいました。

上記の形で登記をした場合、
相続時に払う相続税、というのは
いきなり現金で持っていかれるものなのでしょうか。

ご教授いただければ幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。

住宅取得に係る国税庁・財務省HPのページです

2010/03/04 12:54

ytytgogo 様

初めまして、ライフプランの実現と資産運用をサポートするオフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

住宅取得時に非課税枠を利用して贈与を受けた場合には、当該不動産の親の持分(財産)が減少しますので、将来の相続税の算出の際に相続資産の価額が変ります。

現時点での相続税の基礎控除額は、5,000万円にプラスして、1,000万円×法定相続人の数としていますので、将来この範囲であれば相続税はかからないことになります。
但し、基礎控除額が減額される可能性も有ります。

現時点で、贈与を受ける場合には、下記内容、基礎控除、非課税枠が有ります。

暦年課税の基礎控除額は110万円で税率は下記の通りです。

暦年課税の贈与税の税率表
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

これに加え、下記の非課税の枠が500万円です。
No.4508 直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税制度
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4508.htm

要件が適合すれば660万円まで税金が掛かりません。

また、本年の税制大綱で、上記500万円を1500万円にすることが載せられています。法令化されれば非課税枠が大幅に拡大します。

財務省の当該内容のPDFです
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/zeiseian10/zeiseian10_05.pdf

●上記の形で登記をした場合、相続時に払う相続税、というのはいきなり現金で持っていかれるものなのでしょうか。

相続の際の税の申告は10ヶ月以内です。通常は税は現金で支払います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
相続財産について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。