住宅新築につき贈与税非課税枠拡大について

テーマ
  1. 遺産相続
  2. 相続税

2010年税制、住宅取得贈与税非課税枠1500万を利用し住宅の立替を計画中です。資金の調達を2案あります。1案は予算3000万に対し自分が1500万、母からの支援を1500万、2案には自分が1500万、妻から500万、母から500万、娘(同居)から500万、を考えておりますがどちらの資金調達でも問題はないでしょうか。その他注意を要することがあればお聞かせ下さい。

直系尊属からの住宅取得資金等について

(5.0) | 2010/01/29 22:46

kazubou 様

初めまして、ライフ・プランの実現と資産運用を支援するオフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

今回の税制改正大綱案では、

直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税措置について、非課税限度額(現行 500 万円)を次のように引き上げます。
(イ) 平成22 年中に住宅取得等資金の贈与を受けた者 1,500 万円
(ロ) 平成23 年中に住宅取得等資金の贈与を受けた者 1,000 万円
ロ 適用対象となる者を贈与を受けた年の合計所得金額が2,000 万円
以下の者に限定します。
ハ 適用期限を平成23 年12 月31 日(現行 平成22 年12 月31 日)
までとします。

とあります。

従いまして、1案は上記の改定の内容に沿いますが、2案はお母様からの贈与500万円だけが非課税扱いと為る予定で、奥様とお嬢様からの調達は持分登記など別途の扱いになります。

また、合計所得金額にも制限がありますのでご注意ください。

評価・お礼

kazubouさん

早々にご回答を頂きまして誠にありがとうございます。
母からの支援を有効にいかして快適な生活空間が保てますように検討をいたします。
 資金調達がなによりも頭をいためます、一歩まえに進めそうです。大変参考になりました。

(現在のポイント:4pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローンで相続税発生? 2009/03/06 13:58 | 回答1件
共有名義の土地の分筆 2007/08/01 17:05 | 回答1件
贈与税について 2012/12/18 18:36 | 回答1件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
相続税について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。