土地に関する相続税と贈与税について

テーマ
  1. 遺産相続
  2. 生前贈与

はじめまして。

今年の5月に結婚をし、現在実父が所有している土地へ1戸建て建てる予定です。
施工主は旦那となります。
この際、私が実父から土地を生前贈与をしてもらったほうが良いのか、実父からの借地として父へ借地代を払い、後に相続として譲り受けたら良いのか迷っています。
生前贈与は相続税よりも高いと聞きました。でも、1500万までは非課税になるとのことなので、どちらが良いのかよく分かりません。
せっかく祖父・父の苦労の対価なので莫大な税金のせいで売り渡すようなことにはなりたくないので。。

お知恵をお借りしたくメールしました。
ちなみに、土地は江東区にあり50坪ほどです。

よろしくお願いします

生前贈与に関する情報をお届けします

2010/01/18 14:02

わんこ20 様

初めまして、ライフプランの実現と資産運用をサポートするオフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

若干誤解があるようです。
1,500万円の非課税枠の件は、尊属から得た資金で住宅を取得するための資金に関するものです。
まだ法制化されていませんので、現在は下記内容の500万円です。土地のみの贈与には該当しません。
No.4508 直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税制度
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4508.htm

お父様から土地の生前贈与を受けるには、相続時精算課税制度が有ります。
お父様の年齢が、贈与された年の1月1日に65歳以上で、受贈者が推定相続人で20歳以上であれば複数年にわたる2500万円の非課税枠が使用できます、非課税枠を超えた分については20%を贈与税として納付いたします。

将来の相続開始時に生前に贈与された財産と、遺産をあわせて相続税が算出されます。
但し、相続時精算課税制度は、贈与税と相続税を通じた納税を行う特例制度で、一度選択すると相続開始まで同制度を使用し続ける必要がありますので伸長にご検討ください。

詳しくは下記を参照ください

相続時清算課税制度のあらまし
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/pan1504-1/01.htm

ちなみに、制度等を使わずに通常の贈与税は下記を参照ください

暦年課税の贈与税の税率表
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

亡夫の保険金の受取人が義父母の場合 2013/01/14 01:14 | 回答3件
固定資産税と贈与税など。 2010/09/27 18:30 | 回答2件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
生前贈与について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。