相続について(初歩的な質問かも知れません)

テーマ
  1. 遺産相続
  2. 相続財産

父が他界し、相続の手続きをしなければならなくなりました。
(資産は土地4筆・建物・車検の切れる中古の軽自動車のみで預貯金はありません)

本日、自治体で開催されている無料の相談室へ母と出向き、税理士さんと面談をしました。
「母と兄弟3人で、基礎控除額未満なら申告しなくて良い」と説明があり、
持参した土地の面積や路線価(+家屋の固定資産税の115万)を見て暗算され、
「基礎控除未満です。申告不要!」と、言われました。
帰宅し、計算すると基礎控除額の1.3倍額ありました。

そこで質問の本題なのですが、(母は住み替えの予定です)
「協議し合意の上で売却してから現金で相続する」と、
「土地建物を相続してから更地にして売却する方法」と、
どちらが良いのでしょうか?ご教授くださいませ。よろしくお願いいたします。

小規模宅地等の評価減の特例について

(5.0) | 2009/12/11 20:35

okasam 様

初めまして、ライフ・プランの実現と資産運用を支援するオフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

ご相談された税理士さんの回答から、下記の件に該当すると思われます。
ご確認をお勧めします。

不動産はお父様の居住用不動産ではないでしょうか、この場合小規模宅地の評価減の特例があります。

この特例の適用対象となる宅地等は、個人が相続または遺贈により取得した宅地のうち、次の要件に当たれば、相続税評価の80%を減じるものです。

要件は、相続開始の直前において、被相続人の居住の用にあり、一定の建物または構築物の敷地の用に供されていたもので一定のものです。つまりお住まいです。
この用途にあたる場合に240平米まで評価減を受けられます。

他の要件もありますが、当該不動産はこの条件に当てはまるものと思われます。

小規模宅地の特例の詳細につきましては国税庁ホームページ
暮らしの税情報
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/h20/index.htm
で、財産を相続したときPDF2ページに掲載されています

評価・お礼

okasamさん

ありがとうございました。
申告期限まで2カ月しか無かったので、初歩的にもかかわらず質問をさせていただきました。

やはり、350万弱オーバーでした。
更地にして売却の方が良さそうですね。

アドバイスを踏まえて、整理しながら、家族みんなで話し合ってみます。

先生、ありがとうございました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

贈与税(相続時清算課税)について 2008/08/17 12:12 | 回答2件
相続内容を協議したが問題ないか 2009/07/21 11:42 | 回答1件
父の遺産と母の預金について 2013/07/18 13:24 | 回答1件
父の遺産と母の預金について 2013/07/17 14:03 | 回答1件
家賃収入と扶養控除 2010/11/14 14:50 | 回答1件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
相続財産について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。