住宅取得資金贈与500万円の実行について

テーマ
  1. 遺産相続
  2. 贈与税

今年4月にマンションを購入しました。
そのときには特に親からの贈与は期待していなかったのですが、今月になって「住宅取得のための贈与500万円については税金がかからない」ということを聞き、親が500万円援助してくれることになりました。
そこで質問なのですが、
?贈与の時期は平成21.1.1〜22.3.15の間でしたら購入した後でも大丈夫なのでしょうか?(頭金としてすでに自分で支払っていてもこの期間内の贈与なら親からのお金を頭金にあてたという解釈でも大丈夫かどうか?)
?取得した部屋の広さにも制限があるようですが私は夫婦共有名義で約78?です。贈与を受ける自分の分の持分は50?を割ることになるが大丈夫かでしょうか?

以上になります。
よろしくお願いいたします。

住宅資金の贈与について

(5.0) | 2009/11/06 17:05

 yuri1017様

 はじめまして、税理士・CFPの及川と申します。
 突然の贈与、嬉しいですね。
 
 質問に回答いたします。

 一番目。贈与の時期は平成21年12月31日までとなっていますので、お気を付け下さい。
 ここでポイントになるのは、残金の支払時期だと思います。
 残金は贈与のあとに融資を受けて支払っているのでしょうか?
 残金の支払いが、贈与のあとでしたら贈与資金を一部あてたことを主張できそうです。

 二番目については、大丈夫です。床面積が50平方メートル以上であれば構いません。

 今回の贈与は特例のため、申告業務がとても複雑になります。
 来年の3/15までに申告が必要となるため、しっかりとした準備が必要になります。
 贈与については2/1から申告ができるため、早めに申告してください。
 
 よろしくお願いいたします。
 

評価・お礼

yuri1017さん

非常に良くわかりました。
ありがとうござました。

及川 浩次郎
及川 浩次郎
税理士

-

このQ&Aの回答専門家


(神奈川県 / 税理士)

株式会社スリーアローズ 代表取締役
この専門家に相談

税理士として、FPとして、経営計画と生活設計を複合的にサポート

お客様が目標を達成されたときの満足感、不安を解消されたときの安堵感を、ともにすることが使命。FPとしてのスキルも活かし、税金のみならず「お金」の専門家として、未来に軸足を置いたコンサルティングに注力。事業も個人もトータルにサポートいたします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

贈与税の関係書類の提出について 2009/02/26 20:21 | 回答1件
住宅資金特別控除について 2009/02/03 14:11 | 回答1件
生前贈与と相続税について 2008/08/18 10:42 | 回答1件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
贈与税について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。