相続税について

テーマ
  1. 遺産相続
  2. 相続税

財産評価についてですが、240?までの居住用土地については評価が2割になるといった軽減措置が適用される。と聞いていますが、親の自宅の土地はそれ以上あります。この場合は土地の評価はどうなりますか?500?ぐらいあります。

居住用土地については評価が2割

2009/08/07 00:54

500ヘイホーメートルある居住用土地については240ヘイホーメートルまでが2割となりそれ以上の260ヘイホーメートルについては100%の評価となります。また、500ヘイホーメートル以上と大きな土地の場合別に評価を下げられるケースもあります。相続の申告では税理士の中でも知識・経験の豊富さにより相続税の金額が大きく異なりますので注意が必要です。

小規模宅地等の特例について

2009/08/07 08:40

時計 様

ライフ・プランと資産運用を支援するオフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

ご質問の居住用不動産の特例は、小規模宅地等の評価減の特例といいます。
そして、課税価格に参入すべき価額は下記のようになります。
宅地等の相続税評価額×(240平米/総地積)×(80/100)

ただし、同制度の適用対象となる宅地等の範囲は、

1.用途として
事業の用(不動産の貸付など)と居住の用(被相続人が居住している)一定の建築または構築物の敷地の用に供されているもので一定のものになり。

2.面積では
被相続人が有していた1.の用件を満たす全ての宅地等のうち、特定事業用等宅地については400平米、特定居住用宅地等については240平米、その他の宅地等については200平米までの部分として、選択されたもの。

3.評価の減額割合が異なります。
特定事業用等宅地等、特定居住用宅地等とそれ以外の特定居住用等宅地等では減額割合が異なります。

という用件があり、
ご両親が居住用の宅地だけでなく、他にも不動産を保有されている場合には、どのような適用を受けると最も有利となるかの試算が必要になります。(当該土地の相続税評価額、減額割合、限度面積)

従いまして、もし、ご両親が他にも不動産を保有されている場合には、税理士資格を保有する専門家とのご相談をお勧めします。

小規模宅地の特例の詳細につきましては国税庁ホームページ

暮らしの税情報
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/h20/index.htm

で、財産を相続したときPDF2ページをご参照ください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

代償分割をした際の相続税について 2014/09/16 21:12 | 回答2件
負の遺産の証明について 2013/12/22 02:03 | 回答1件
成年後見人制度と相続税対策について 2013/06/01 09:01 | 回答1件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
相続税について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。