預かったお金

テーマ
  1. 遺産相続
  2. 贈与税

伯母が末期癌で余命幾ばくも無くなって、その伯母から入院費用や葬儀代、供養のお金として1000万預かりました。
現金で持っているのも怖いので自分名義の通帳に預け入れしましたが
知り合いから贈与税がかかるとのではと言われました。
もちろん、伯母が亡くなった時に遺産の中に計上するのですが、自分名義の通帳に入金した時点で贈与と見なされるのでしょうか
よろしくお願いします。

贈与があったとは見做されません

(5.0) | 2008/12/12 09:50

初めまして、税理士の丸山です。

伯母さんが、自分のために使ってくれとあなたに預けたお金なのですから、贈与契約があったわけではありません。実際に伯母さんが亡くなった時に、そのお金がどう使われるかによりますが、残余金が出た場合など、贈与というより相続税の対象にはなるかも知れません。

どちらにしろ、預かったお金を、あなた自身の為に使ってしまうことがなければ、贈与ということにはなりません。

評価・お礼

むーみんちゃんさん

早速の回答ありがとうございました。
安心致しました。
収支報告書のようなものをつけて、残金を相続税の計算の時に返せばよろしいのですね。
やはり、専門家にお聞きするのが一番ですね。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

遺産の分け方 2014/01/28 13:00 | 回答1件
相続手続きについて 2008/06/24 07:47 | 回答1件
相続の遺留分等の負担を軽減したい 2013/09/27 01:21 | 回答1件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
贈与税について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。