商標権共同相続人からの権利譲渡

テーマ
  1. 遺産相続
  2. 遺産相続全般

商標権の「専ら通常使用許諾契約」を交わしていた相手が亡くなられ、商標権の登録等に支障が出る可能性も有る為譲受を申し出た。
共同相続人4名(配偶者と子3)の内1名(子)だけが譲渡に不同意の場合、法定相続割合では5/6が同意となるが、実際的にはどうなるのでしょうか?

商標権の共同相続

(5.0) | 2008/07/25 17:08

1 商標権の共同相続の場合、商標権は共同相続人の共有になり、共同相続人全員の同意がなければ商標権は譲渡できません。

 これは、商標法35条が特許法73条1項を準用しており、商標権が共有の場合、他の共有者の同意を得なければ持分の譲渡をすることができないと規定しているためです。

 結局、共有者全員の同意がなければ商標権の譲渡はできないことになります。

2 遺産分割協議によって、商標権を一人の権利とした上で、その人から譲り受ける方法もあります。
  
  たとえば、A、B、C、Dが共同相続人でDのみが譲渡に反対しているという場合、遺産分割協議でAに相続させることとし、そのAから商標権を譲り受けるわけです。

  もっとも、このような内容の遺産分割にDが反対することもあります(遺産分割がうまくまとまらない場合には、調停や審判を経ることになります)。

                            弁護士 財津守正
  
  
  

評価・お礼

総務担当さん

非常に判り易くご説明頂きまして有難うございました。

再質問に対してもタイムリーにご指導頂けたので非常に助かりました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

義理の母の遺産相続 2010/06/11 19:15 | 回答7件
死亡した父名義の家と土地について 2009/10/25 23:48 | 回答1件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
遺産相続全般について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。