住宅資金の贈与について

テーマ
  1. 遺産相続
  2. 相続税

近々家を購入しようと考えております。
両家の両親から資金援助を受けて家を建てようと考えておりますが、その際注意することはありますでしょうか?
あと、自己資金が妻名義ですが、資金を両家と妻からということで名義の問題や特別な手続き等あるようでしたら、教えてください。
(名義がそれぞれから援助を受けた割合でないと、住宅資金贈与の特例が受けられないのか、妻が現在専業主婦で収入がない場合は名義共有名義にできないのか、etc・・・)

住宅資金の贈与について

2008/07/17 15:03

まず、資金を出した割合と取得した不動産の持分割合が異なるとその部分について贈与があったものとして贈与税が課税される場合があります。
そのため、贈与税の問題を回避するためには不動産購入にあたりその資金を出した割合で持分を設定するようにしなければなりません。
また、住宅資金等資金の贈与の特例を受ける場合には、相続時精算課税制度の適用を受けることになります。
この特例を受けるためには一定の要件を満たす必要があります。要件の詳細については下記リンクにてご確認ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4503.htm
なお、相続時精算課税についてはその贈与により取得した財産を贈与者の相続発生時に相続税の課税財産に含めて相続税を計算しなければならない(贈与を受けて終わりではない)ことや、一度適用すると二度と撤回はできないことなどから、将来相続税が発生する見込みである場合などには慎重に選択を考えなければ後に税負担が多くなってしまうこともありますのでご注意ください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

住宅・土地の権利について 2010/06/07 16:35 | 回答5件
住宅資金特別控除について 2009/02/03 14:11 | 回答1件
住宅購入時の親からの援助 2010/01/08 11:21 | 回答1件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
相続税について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。