相続放棄

テーマ
  1. 遺産相続
  2. 相続放棄

父親の借金を相続したくないので、財産の相続を放棄したい。財産のなかに他人に売買した仮登記の土地があるのですが、なにか不都合なことはあるのでしょうか?

相続放棄について

2008/06/02 10:32

uheijiさん、こんにちは。
弁護士の水嶋一途です。

さて、相続放棄のご相談についてですが、詳しいご事情がわからないので一般論にとどめさせていただきますが、次のとおりとなります。

相続放棄は、「相続の開始」を知ってから3カ月以内に行う必要があります。具体的な手続きについては家庭裁判所に「相続放棄の申述書」を提出することになります。

ただし、「単純承認」とみなされる場合には相続放棄をすることができません。「単純承認」とは、何の留保も付けないで被相続人(uheijiさんの場合はお父様)の権利義務を相続人が承継するということです。
例えば、相続財産の全部または一部を処分した場合、相続開始を知った時から3か月以内に相続放棄などの意思表示をしなかった場合、相続財産を隠したり使い込んでしまった場合、単純承認とみなされます。
uheijiさんのケースではご事情がよく分かりませんが、もし上記に該当するような場合には相続放棄をすることができない可能性があります。

uheijiさんのケースでは、お父様の借金を相続したくない、すなわちマイナスの財産の方が多いというご事情のようですが、相続財産の範囲内でのみ被相続人(お父様)の債務を負担するという「限定承認」という相続の仕方もあります(ただし、相続人全員が一致して限定承認する必要があります)。
限定承認の場合には、uheijiさんはお父様の借金返済の不足分についてご自分の財産から返済する必要はありません。

いろいろとお悩みのことと思いますが、よくお考えになって、一度専門家にご相談するとよろしいかもしれません。

少しでもuheijiさんのご参考になれば幸いです。

弁護士に相談するなら一途総合法律事務所(東京都港区南青山)
ホームページ http://www.ichizulaw.com/

水嶋 一途
水嶋 一途
弁護士

-

このQ&Aの回答専門家


(東京都 / 弁護士)

一途総合法律事務所 弁護士
この専門家に相談

高品質のリーガルサービスで依頼者の利益を護り抜きます

依頼者のお話をじっくり伺い、問題点、解決方法、費用などを、わかりやすく丁寧に親身になって説明いたします。そして、高品質のリーガルサービスで最善の結果が得られるように、常に依頼者の立場に立って問題解決にあたります。ぜひお気軽にご相談下さい。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

特別受益分と寄与分について 2014/04/13 21:07 | 回答1件
名義変更するメリットがあるのか? 2008/10/09 03:00 | 回答1件
土地、財産は誰に? 2009/06/07 20:58 | 回答2件
姉の生命保険 2009/03/05 23:39 | 回答1件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
相続放棄について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。