Cは相続できますか

テーマ
  1. 遺産相続
  2. 遺産相続全般

・父Aの後妻としてBが入籍した(Bには姉妹がおり、子がいない)。
・Aには実子C,Dがおり、CDはBと養子縁組をしていない。
・Aが死亡し、Bと、Aの子であるC、D(2人兄弟)が遺産相続をした。
・Bは遺言でCにすべての財産を相続すると言っている。また、Dは関与しないと言っている。
この遺言は有効で、Bの死後Bの遺産はすべてCが相続することになるか。または、贈与となるか。

こんにちは

(4.0) | 2006/10/12 01:04

タクボーさん、こんにちは。浜田と申します。

本件では、BにとってCは推定相続人ではありませんから、相続させることはできませんが、遺贈することはできます。

この場合、Bに配偶者、子、両親などの直系尊属がいなければ、Cにすべての財産を遺贈したとしても遺留分を侵害することはありませんので、この点からも有効です。

なお、本回答は質問内容の条件のみを考慮しています。ご了承くださいませ。

評価・お礼

タクボーさん

お忙しい中、二度の初歩的質問にお答えいただきありがとうございました。
お陰さまで理解できました。

相続について

(4.0) | 2006/10/12 11:58

こんにちは、タクボーさん。行政書士林です。

 ご質問の件ですが、BにとってCは推定相続人とはならないので、もし、財産を分けるのであれば、相続ではなく、遺贈という方法になります。

 この場合に心配されるのが、税金の問題だと思います。
基本的には相続全体から、基礎控除額を引きます。基礎控除額は、5000万+法定相続人一人につき1000万です。もし、法定相続人が二人の場合は、相続全体から7000万円を引いて、残った額につき相続税が発生する事になります。

 さて、タクボーさんご質問の遺贈の場合ですが、相続全体から基礎控除額を引いて税金が発生しなければ、遺贈にも税金は発生しません。もし、発生するのであれば、その分を話合いなどで支払うことになります。

 もし、上記回答で分りにくい箇所などがありましたら、また御質問いただければと思います。

行政書士 林

評価・お礼

タクボーさん

お忙しい中、ご回答ありがとうございました。
とく理解できました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

生前贈与について 2008/07/10 21:05 | 回答2件
遺産相続の時効 2008/04/26 09:46 | 回答1件
死亡した父名義の家と土地について 2009/10/25 23:48 | 回答1件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
遺産相続全般について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。