子供への相続について

テーマ
  1. 遺産相続
  2. 相続税

私は38歳、母子家庭で8歳の息子と2人で生活しています。昨年将来の事を考え、頑張って一戸建ての家を建てました。住宅ローンは毎月支払っており、私がなんらかの形で死亡した場合は、支払わなくても良い団体信用保険に加入しています。もし私が突然の事故等で死亡した事を考えて遺言状をそろそろ書いておいた方がいいかと考えてます。私名義の土地・家・保険金の受取は全て息子へ希望しますがまだ成人していない子供への相続は可能なのでしょうか?又、可能な場合、相続税は発生するのでしょうか?よろしくお願いいたします。

相続は可能。相続税は発生することもあります

(5.0) | 2006/09/20 21:58

 こんにちは、イエローミカンさん、弁護士の三森敏明です。
 子供が未成年であっても、当然、相続権はあります。ご心配になさらないように。
 次に、相続税ですが、相続したからといって必ず相続税がかかる訳ではありません。相続税の基礎控除といって、1000万円×法定相続人の数+5000万円については非課税となります。たとえば、相続人が息子さんだけの場合、相続財産が1000万円×1+5000万円=6000万円の範囲内であれば相続税は発生しません。そのため、土地、家、保険金の総額が6000万円以下なら、相続税は発生しないことになります。なお、生命保険金の場合は、本来は相続財産に入りませんが、課税の公平の見地から一人につき500万円については非課税ですが、被相続人が負担した払込保険料に対応する部分については相続税の対象となっていますので、ご注意下さい。

三森 敏明
三森 敏明
弁護士

-

このQ&Aの回答専門家


(弁護士)

ヒューマンネットワーク三森法律事務所 所長弁護士
この専門家に相談

あたたかみのあるお付き合い。気軽に相談できる身近な弁護士

丁寧な説明と報告、依頼者の納得のいく解決を目指します。100%の力で、全身全霊を尽くして、問題解決に努めます。損害賠償請求事件、債務整理事件、債権執行事件、刑事事件など、あなたのお悩みが大きくなる前に気軽にご相談ください。

お子さんへの相続について

(5.0) | 2006/09/25 11:09

イエローミカンさん、こんにちは。行政書士の林です。
 
 お子さんとの二人暮しで、子育てをしながら家を建てるのはとても大変です。イエローミカンさんすごくがんばっていると思います。そして、がんばっている分、不安もあると思いますが、ご安心下さい。相続の際に、年齢による制限はありません。

 ただ、成人になった後にもしもの事があれば良いのですが、お子さんが未成年の間にイエローミカンさんに何かあった時が不安だと思います。ですから、遺言で後見人(親権者に代わってお子さんの財産管理などをする人)を指定しておく事をお勧めします。後見人は、通常の人(法人はだめです)であれば、誰を指定しても問題はないので、誰か信用が出来る人を指定できます。

 遺言書は何度でも、内容変更をすることができますので、お子さんが成人になった後に、新しい遺言書を作成するとができるので、成人する前を想定して作成するのも良いのではないでしょうか。

 遺言書には「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の三種類があります。お子さんが小さいうちは、内容を改ざんされないように、「公正証書」か「秘密証書」遺言をお勧めします。

 相続税に関しては、三森先生が分りやすく回答してありましたので、省略させていただきます。

 もし、回答内容や、遺言書の作成で分らない事や疑問がありましたら、遠慮なく連絡を下さい。御手伝いさせていただきます。
                               行政書士 林

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

今後のことです 2013/11/03 21:57 | 回答1件
住宅ローン繰上げ返済援助金と税金 2009/05/02 06:48 | 回答1件
遺言書 2015/05/27 12:07 | 回答1件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
相続税について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。