二つの不動産の価格の差について

テーマ
  1. 遺産相続

よろしくおねがいします。相続人は兄弟二名です。
二つの土地をそれぞれ相続することになるようです。Aは、形よく需要がありそう。Bは、間口が狭く車が入れない、道路から低い、いびつで、借すのも売るのも難しそうです。しかし、面積が広いのでBの方が高くなります。そのBを相続するのが私です。査定された額では到底売れないと思います。そこで、相続前に換価分割するのも一つの方法かと思いました。それなら、Aの土地との価格を基に、差額を払えば平等になると思うのです。しかし、売れるとは限りません。向こうが差額を減額してくれれば、少しは、気持ちがほぐれます。法律的に、その可能性はあるのでしょうか。実際問題として、いつ売れるか、どの程度低い価格になるのか。自己資金を投入してまでは考えていません。出来ません。
こんな状況です。換価分割が良いか、土地を相続して、後々売るか、どちらがよいのか。その他、アドバイスがありましたら教えて下さい。
出来るだけ大変にならないようにと思うだけなのです。お願いします。

ご質問について。

(4.0) | 2016/12/09 10:28

>二つの土地をそれぞれ相続することになるようです。

とありますが、今どの段階ですか?

実際に、誰かが亡くなって相続が開始されているのですか?

遺言が遺されていて、その遺言の内容が先に書かれた「二つの土地をそれぞれに相続させる」
という内容になっていたのですか?

相続開始後に、遺言なしの状態で分割協議をしている最中なのですか?

それとも、親が遺言を作成している段階でまだ亡くなってはいない段階ですか?

>二つの土地をそれぞれ相続することになるようです。

というのは、誰の意思によるものですか?

仮に、遺言なしで法定相続人間で協議するなら、固定資産の評価額ではなく、実売価格を遺産の額として分割協議をしたらよいと思いますが、どのような話し合いがされているのですか?

評価・お礼

h356kkさん (2016/12/09 12:46)

詳しく書くことにためらいがあり、分かりづらくしてしまいました。不動産会社によって査定額が違うので、分割方法としてどちららよいか、悩んでいました。ありがとうございました。

小林 政浩 小林 政浩 (2016/12/09 13:16)

双方ともに売る気があるなら、両方を実際に売って残ったお金を半分にしたらよいでしょう。

評価が不動産会社によって違うのはよくあることです。

不利な土地をあなたが相続することが避けようのない事なのか、そうでないのかでいろいろ選択肢はあるのです。

ぼやかした相談をする気持ちはわからないではないですが、それでは本当に必要な情報を得ることは難しくなります。
それは結果としてあなた自身の特になりません。

相談料を払ってでも資料を持参して弁護士などに面談で相談した方が良いと思いますよ。

テーマ
  1. 遺産相続
職種
  1. 士業・法律
  2. 行政書士
エリア
  1. 北海道
小林 政浩
小林 政浩
行政書士

1

このQ&Aの回答専門家


(北海道 / 行政書士)

小林行政書士事務所 
この専門家に相談

離婚協議書・内容証明などの書面作成はプロにお任せ下さい。

当事務所では、書面作成の際は必ず依頼者に文面の内容を確認いただきながら書面を完成させます。依頼人不在のまま書面が完成するようなことはありません。依頼人の思いを最大限に込めた最高の文書を作成いたします。書面の作成はプロにお任せ下さい。

不動産鑑定士等に土地の評価をしてもらう必要があります。

(5.0) | 2016/12/09 12:16

h356kkさん はじめまして
FP税理士の柴田博壽と申します。
2つの土地があって、一方が整形地であるのに対し、もう一方は、間口狭小で、接道との高低差があり、かつ不整形地であった場合、幾分広いだけをもって評価額が高くなるとはならないかと思います。
相続財産の評価においては、「接道との著しい高低差」があれば通常より10%減額することになっていますし、また「間口狭小(奥行長大)」や「不整形地」に対してそれぞれ数パーセントの減額が認められています。その場合は、通常価格に対して8割強の評価になるかと思います。
実際に取引される場合にも、形状によって、通常より低い評価になることは間違いありません。場合によっては、80パーセントを下回ることは十分あり得ますね。
したがいまして、時価評価も土地の面積に単純に一定の単価を乗じて計算するのではなく、こういった条件を加味して行うことになりますね。具体的には、不動産鑑定士等に評価を依頼し、正しい評価を知っておくことが良いと思います。もし、評価差額があれば、不公平のないよう協議することが必要になってきます。
しかし、片方の土地は、車の出入りができない間口ということで法令上、建物の建築も難しく、活用効果も限定されると思料されます。
「換価分割」も「後々売る」ということも土地を売却することには変わりがないのですが、そのためにも評価をしておくべきで、結果如何では、早めに流動化することも円満な解決上、よりよい一方かと思います。
ご参考になれば幸いです。

評価・お礼

h356kkさん (2016/12/09 13:01)

すみません。土地の面積の違いで金額に差があります。
不動産会社によって査定額が違うので、ここが話し合いになるかと思います。不動産鑑定をして頂くかどうかを含め、考えないといけないことがよくわかりました。不整地だと言うことを理解してもらえるように努めます。「早め」も検討します。ありがとうございました。

柴田 博壽 柴田 博壽 (2016/12/09 13:46)

h356kkさん FP税理士の柴田です。
高評価を頂きありがとうございます。
円満な解決ができるよう祈念しています。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
遺産相続について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。