兄弟で土地を分筆する予定

テーマ
  1. 遺産相続

103坪の親の土地があります
その他の遺産はないです

親の老後の面倒は姉の私が見ますので
土地の相続は60(私):40(弟)で相続する予定でいます。

今は口約束だけなのでいざ相続するときに揉めるのでは?と思い不安です

何か書類などで誓約したいのですが
どこでどのようにすればよいのでしょう
それにはどのくらいの費用がかかりますか??

また自分たちで作成する場合は
どのような内容が望ましいのでしょうか

遺言書を書いてもらうことをおすすめします

2016/03/09 16:09

はじめまして、司法書士の高島一寛と申します。

弟さんとの間で、土地を6対4の割合で相続するとの合意があり、
現時点でそれを文書にしていたとしても、
実際に相続が開始したときにトラブルが生じるのを完全に防ぐことはできません。

相続開始前(被相続人が亡くなる前)に、相続人間で遺産分割協議をしても無効であり、
相続開始後に、それと異なる遺産分割協議をすることもできるからです。

つまり、相続開始前に相続人間でどのような文書を作成しておいたとしても、
後になって気が変わったと言われてしまったとすれば、それまでだというわけです。

もちろん、お二人の間で合意があったことを文書にしておけば、
いったんはそのような合意が出来ていたことは証明できますから、
まったくの無駄だというわけではないかもしれませんが、
いわゆる紳士協定であるに過ぎず法的な効力は生じないのです。

そこで、相続開始時に揉めるのを防ぐためには、
お父様(もしくはお母様)に遺言書を作成してもらうのが最も確実な方法です。
遺言書を書いて欲しいといきなり持ちかけるのは難しいかもしれませんが、
老後の話なども交えて、ちゃんと話が出来る機会を徐々に作るのがよいでしょう。

どのように進めていったらいいか分からなければ、
まずはお近くの専門家に相談してみることをおすすめします。

///
千葉県松戸市の高島司法書士事務所
https://www.shihou-shoshi.com/

高島 一寛
高島 一寛
司法書士

-

このQ&Aの回答専門家


(千葉県 / 司法書士)

高島司法書士事務所 代表 司法書士
この専門家に相談

個人のお客様を大切に。親切ていねいな接客を心がけています。

2002年の開業当初からインターネットホームページを開設することで、個人や小規模企業者からのご相談を多数いただいてまいりました。その豊富な経験に基づいた、分かりやすく親切ていねいな接客が、私の最大の強みだと自負しております。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

遺産相続、どこまで主張できますか? 2015/04/16 23:10 | 回答1件
土地及び家屋の生前贈与 2014/05/23 22:47 | 回答1件
遺産の分け方 2014/01/28 13:00 | 回答1件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
遺産相続について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。