相続

テーマ
  1. 遺産相続

生前贈与を9年前に受け800万円で確定申告して税金はかかりませんでした。母が亡くなったとき800万円は引かれますか。また相続するお金が800万円以下の場合はどうなりますか

贈与税の申告が必要となります。

2015/05/04 09:48

ケムンパスさんはじめまして
税理士・FPの柴田博壽と申します。
ご質問から、所得税と贈与税に少し混同があるように思います。
まず、贈与を受けた場合、確定申告とは全く異質のものですからご留意ください。
ケムンパスさんは、確定申告において何所得として申告されたのでしょうか。
そして、もし確定申告ではなく、贈与税の申告をなさったのであれば、数十万円の
納税が必要となった筈なのです。
財産の種類にもよるのですが、仮に不動産であれば、贈与を原因として名義変更
登記を行なうのが一般的と思います。
不動産の評価額によっては、贈与税の申告が必要になりますし、放置しておけば、
税務署から問い合わせ、若しくは、贈与税の申告勧告があるでしょう。
一方、贈与を受けた資産が現金等の場合、特に名義変更等の手続きを必要とは
しませんので、自らが贈与税の申告を行なわなければなりません。
なお、仮に相続が発生した場合、相続税の基礎控除は、3,000万円+法定相続人
の数×600万円となっています。
確かに相続財産が、基礎控除以下であれば相続税はかかりません。
同じ無税であれば、相続が発生する時点より、少し早めに親や祖父母から財産の
一部を承継して有効に活用したいと思うのが常です。
このようなとき、「相続時精算課税制度」の活用が最適です。
この制度は2,500万円までの生前贈与は無税とする規定で、もし2,500万円を超え
場合にのみ、超えた金額について一率20%の贈与税が課税となりますが、結果的
に相続税がかからないという場合には、ここで納める贈与税は戻してもらえます。
ケムンパスさんが既に「相続時精算課税制度」を活用した贈与税の申告を行なう
などの手続きとっていれば問題はないのですが、『相続財産が相続税の基礎控除
以下だから』とはいかないのです。
控除額110万円とする「暦年贈与」により、贈与税の申告を行なうか、「相続時精算
課税制度」を適用した申告かのいずれかが必要となります。
ご相談に応じています。
よろしければご相談ください。
ご参考になれば幸いです。
  柴田博壽税理士事務所 
   e-mail : shibata-hirohisa@tkcnf.or.jp     
  http://shibata-zeirishi.tkcnf.com/pc/

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

意思表示ができない母の相続について 2014/12/24 16:00 | 回答1件
祖父名義の土地 2016/02/19 10:43 | 回答1件
贈与税 2015/12/28 23:03 | 回答1件
父の相続破棄と祖母の相続について 2015/12/08 10:42 | 回答1件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
遺産相続について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。