祖母より土地の贈与

テーマ
  1. 遺産相続

お世話になります。
祖母の意向で,孫である私に土地2000万+土地1000万を贈与したいとのことですが,贈与か売買による取得か悩んでいます。
なお,祖母の息子(私にとって叔父)にはその土地をどうしても与えたくないそうです。
土地以外に財産はほとんどありません。
遺留分を請求される心配がありますので,早めに登記したいと思っています。
よろしくお願いします。

土地の贈与について

2015/04/09 15:34

こんにちは。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

遺留分での叔父からの請求が心配なのですね。
ただ、土地の贈与の場合、贈与税がかかってくるためその資金や親族間の売買の場合、金融機関からの借入れは難しいために購入資金は大丈夫でしょうか。手元に資金があるのであれば問題はありませんが。
詳細の状況がわかりませんが、状況によっては祖母に公正証書遺言を書いてもらい、叔父に遺留分の分だけ渡すのも一つの方法ではないでしょうか。

辻畑 憲男
辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

1

このQ&Aの回答専門家


(東京都 / ファイナンシャルプランナー)

株式会社FPソリューション 
この専門家に相談

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

土地の贈与

2015/04/09 19:22

税金の面を考えたら売買にすべきと思われます。贈与税がかかりますので…

ただ、親族間売買の場合には金融機関の融資を得るのが難しいのが現状です。相続関係に詳しい不動産会社に依頼しなければなかなか融資を引っ張るのは難しいと思います。

また、お金のやり取りをせずに売買の体裁だけを作る場合には、実質的な贈与とされる可能性もあります。要注意です。

叔父さんからクレームが入らない様にするためにも売買で対応すべきかと。詳細は直接お問い合わせの場合にお伝えします。

何もせずに相続が発生した場合には叔父さんと遺産分割協議を行う必要があります。(推測でCURU様の親(叔父さんの兄弟姉妹)はご存命で無いという前提ですが…)

祖母の希望を通すには元気なうちの対応が必要です。

向井 啓和
向井 啓和
不動産業

1

このQ&Aの回答専門家


(東京都 / 不動産業)

みなとアセットマネジメント株式会社 
この専門家に相談

みなとアセットマネジメントの向井啓和 不動産投資のプロ

東京圏の資産価値が下がりにくい高収益物件の一棟買いなら弊社にお任せください。資金計画から損害保険まで一貫した不動産投資アドバイスを行います。また、金融機関出身の向井啓和の経験を活かし銀行からの投資用ローン融資提供します。フルローン相談

相続時精算課税制度活用の贈与が有利です。

2015/04/10 11:35

curuさん はじめまして
税理士の柴田博壽と申します。
コメントするための情報がもう少し欲しいところです。
ここでは推定相続人は、2人と仮定して税負担についてご説明します。
もしも、お祖母様の相続が開始した場合の相続税の基礎控除は4,200万円です。
curuさんの情報から推定相続財産は、この金額の範囲以内と思料されますから、
相続税はかからないということになります。
このような場合、「相続税精算課税制度」の活用が最適かと思います。
相続税精算課税制度は、60歳以上の贈与者から20歳以上の子や孫に対する贈与
は2,500万円まで無税とし、もし、贈与額に2,500万円を超えた金額があれば超えた
金額に対して一率20%の贈与税を納めるというものです。
なお、相続時精算課税を適用して贈与した金額は相続が開始した時点で相続財産
に加算して相続税の計算を行い、既に納付した贈与税を差し引いて相続税として
納めることになります。
curuさんの場合、贈与税は、
(2,000万円+1,000万円-2,500万円)×20%
の計算式により100万円となります。
しかし、ご説明しましたように結果的に相続税はかかりませんので、相続税の申告
を行なえば、納付済みの贈与税100万円が税務署から還付されることになります。
したがって、実質税負担は、0円となるのです。
一方、売買によって取得した場合ですが、10年以上の長期期間の保有と推認され
ますので、その際、譲渡益に対する税率は20.315%が適用になります。
取得費5%は認められますが、500万円強の所得税が発生します。

ご相談に応じています。
よろしければご相談ください。
ご参考になれば幸いです。
   柴田博壽税理士事務所 
    e-mail : shibata-hirohisa@tkcnf.or.jp     
   http://shibata-zeirishi.tkcnf.com/pc/

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

相続放棄の土地について 2015/10/31 09:48 | 回答1件
祖父の不動産を孫に相続したい 2016/07/07 12:57 | 回答1件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
遺産相続について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。