祖父から20歳以上の孫へ株を贈与したい

テーマ
  1. 遺産相続

祖父から20歳以上の孫へ株(2,500万円まで)を贈与する場合 (1)相続時精算課税を使い生前贈与する (2)祖父が他界した時に遺贈する どちらが孫の支払う税金が少なくなりますか。 もしこれよりも、もっと良い方法があれば教えて下さい。

株式の場合は、株価がどうなるか…で違ってきます。

(5.0) | 2015/03/04 12:37

雪月花様

はじめまして。
私、マネーアドバイザーズトウキョウ株式会社の小川正之と申します。

どちらの方が税金が少なくなるのかは、今後の株価(贈与時の株価と相続時の株価)次第です。

●株価が値上がりした場合
(例えば、贈与時の評価額が2,000万円で、相続時の評価額が3,000万円だった場合)
相続時精算課税制度を利用した方が有利だった(節税できた)という結果になります。
相続発生時でも、贈与時の評価額(2,000万円)で、相続財産評価を行うからです。

●株価が値下がりした場合
(例えば、贈与時の評価額が2,000万円で、相続時の評価額が1,000万円だった場合など)
相続時精算課税制度を利用しない方が有利だったという結果になります。

ご注意点としては…
・相続時精算課税制度を利用しますと、暦年課税(年間の基礎控除額110万円)での贈与が利用できなくなります。
・遺贈となる場合は、相続時精算課税制度を利用していても相続税の2割加算の対象となります。

アドバイスとしては…
・値上がりが期待できる株式であれば相続時精算課税制度を利用した方が有利です。また、贈与時の株価と相続時の株価が全く同じだったとしても、その間に配当金があればお孫様が受け取ることが出来る為、生前の資産移転として多少の節税効果は見込めるかもしれません。しかしながら、株価が値下がりする可能性もありませので、その点はご注意ください。
・相続時精算課税制度は利用せず、暦年贈与(年間の基礎控除額110万円)を利用して毎年少しずつ贈与をしていくという方法もあります。相続発生時にお孫様が遺贈を受けない場合には、過去に贈与で取得した財産については相続財産に加算されません(3年以内であっても)。

その他の財産規模によって相続税額も変わってきますし、もっと雪月花様に合う方法があるかもしれません。
一般的な税制の解説のみで恐れ入りますが、参考にしていてだければ幸いです。
よろしくお願い致します。

マネーアドバイザーズトウキョウ株式会社
小川 正之

評価・お礼

雪月花さん (2015/03/05 23:17)

早々に、詳しいご説明とアドバイスをありがとうございました。税金はややこしくてよくわからず困っていました。色々な制度の使い方が少し整理出来ました。

小川 正之 小川 正之 (2015/03/05 23:55)

雪月花様

この度は、コメントと評価をいただき、誠にありがとうございます。

少しでもお役に立てたのであれば、私としては嬉しい限りです。
しかしながら、まだ理解できない点も多いかと思います。
またご質問やご相談等がございましたら、お気軽にお申し付けください。
その際、個別具体的なご相談については税理士より回答致しますで、弊社まで直接お問い合わせいただければ幸いです。
何卒よろしくお願い申し上げます。

小川 正之
小川 正之
ファイナンシャルアドバイザー

4

このQ&Aの回答専門家


(東京都 / ファイナンシャルアドバイザー)

マネーアドバイザーズトウキョウ株式会社 COO(最高執行責任者)
この専門家に相談

あなたには信頼できるアドバイザーがいますか?

社会保障制度の知識と、金融の知識・経験を活かして、より豊かな人生設計をお手伝いさせていただきます。ご相談者様の立場でアドバイスを致します。金融商品の販売(仲介や媒介)は一切致しません。是非、お気軽にご相談ください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

祖父の不動産を孫に相続したい 2016/07/07 12:57 | 回答1件
相続 2015/04/29 16:36 | 回答1件
相続登記と相続税について 2016/07/08 18:49 | 回答1件
祖父名義の土地 2016/02/19 10:43 | 回答1件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
遺産相続について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。