マンションのリフォームと生前贈与

テーマ
  1. 遺産相続

中古マンションの売買契約をしました(契約は夫名義)。妻の親からリフォーム費用の生前贈与を受けようと思っています。しかし減税対象は直系尊属でなければならないとのことですが、
1.リフォーム費用分を登記上、妻名義にすることはできますか?
2. また、登記はまだなのですが、登記する時に夫と妻の共有名義にすることはできるのでしょうか?

増改築に住宅資金の贈与を受けた場合の非課税

(5.0) | 2014/10/07 08:47

直系の尊属から住宅資金の贈与を受けた場合の非課税の適用を受けるための要件は贈与者が直系尊属であること、受贈者の所得が2000万円以下で増改築をするマンションの専有床面積が50平米以上240平米以下、その床面積の2分の一以上に相当する部分が受贈者の居住の用に供されるものであること、つまり奥様の共有でることが必要で、その工事が100万円以上で、一定の工事に該当することにつき「確認済証」「検査済証」等の写し、又は「「増改築等工事証明書」により証明されたものであることの書類が必要となります。
マンションの売買にあたり、ご主人様が資金を出しても、贈与の日において婚姻期間が20年以上ありましたら、贈与税の課税価格から控除される贈与税の配偶者控除 最高2000万円 が適用できます。
奥様に贈与されたとして共有の登記をされ、奥様の直系尊属から住宅資金の贈与を受け非課税を適用することが可能です。いずれの贈与も確定申告が必要です、直系尊属からの住宅資金の贈与の非課税は贈与を受けた翌年の3月15日までに申告をしませんと適用を受けられませんのでご注意ください。

評価・お礼

くまじんさん (2014/10/07 09:21)

和田先生

ご回答有難うございました。
通常の生前贈与の非課税についての文章を読んでもわかりづらいものばかりでしたが、今回の回答は簡潔でとてもよくわかりました。
非常に参考になりました。
有難うございました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

生前贈与と相続税について 2008/08/18 10:42 | 回答1件
意思表示ができない母の相続について 2014/12/24 16:00 | 回答1件
贈与税 2015/12/28 23:03 | 回答1件
父の相続破棄と祖母の相続について 2015/12/08 10:42 | 回答1件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
遺産相続について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。