遺言書の検認について

テーマ
  1. 遺産相続

実父の葬儀が終わり、遺言書があることが分かりました。相続人は、母親と二人の息子です。
私は遠方におり、長男が実家の隣で暮らしています。
長男が一人で遺言書を家庭裁判所に持って行き、開封して検認をしてもらうと言ってきました。私は遠方なこともあり、初七日後に一旦帰ってきました。

下記の点についてお伺いします。

1.葬儀後バタバタしていたことや、私も一旦帰らざる得ない状況でしたので、長男が一人で家庭裁判所に行くことを聞いていましたが、本来は、遺言書を家庭裁判所に行くのに着いていった方が良かったのでしょうか。

2.家庭裁判所の検認には長男が一人で行くことになりますが、私に不利なことはないのでしょうか。

3.万が一ですが、遺言書が改ざんされることはないでしょうか。

ご回答をよろしくお願いします。

ご心配されるのであれば一緒に行かれるとよいでしょう

2014/09/19 14:27

 初めまして!
ご葬儀お疲れ様です。そのあとの問題に悩まれておりますね。
”遺言書(公正証書による遺言を除く。)の保管者又はこれを発見した相続人は,遺言者の死亡を知った後,遅滞なく遺言書を家庭裁判所に提出して,その「検認」を請求しなければなりません。また,封印のある遺言書は,家庭裁判所で相続人等の立会いの上開封しなければならないことになっています。
 検認とは,相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせるとともに,遺言書の形状,加除訂正の状態,日付,署名など検認の日現在における遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造・変造を防止するための手続です。遺言の有効・無効を判断する手続ではありません。”

 上記は裁判所の”検認”についての前文をコピーしたものですが、必ずしも相続人が立ち会う必要はありません。
あまり相続人同士の関係がうまくいってない様子ですので、できれば同席されるとよいでしょう。あとあとわだかまりが残ることになるかと思います。
 家庭裁判所で開封しますから、開封後の改ざんは無いものと思いますが、開封前のことについて、改ざんがあったかどうかを判定します。また、検認は、遺産分割の方法が妥当であるかないかについては、言及しません。あくまで形式があっているかどうかを判断します。

 遠方であり、お仕事の都合上大変ではあるかと思いますが、いわゆる”争族”が見え隠れしていますので、ご都合をつける必要があるかと思います。
 必ずしもご長男が一人で行くことによるあなたへの不都合はないと思います。上記のように、その場で書き換えることはできない状況にあるものと思います。当然その後で改ざんも困難と思います。
 ご参考にしてください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

遺言書について 2014/09/19 10:42 | 回答1件
意思表示ができない母の相続について 2014/12/24 16:00 | 回答1件
私自身が亡くなった際の相続について 2015/09/02 21:38 | 回答3件
相続放棄の土地について 2015/10/31 09:48 | 回答1件
遠方での遺産相続について 2014/09/18 10:33 | 回答1件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
遺産相続について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。