小規模宅地の特例『家なき子』について

テーマ
  1. 遺産相続

タイトルの件について、2つ伺いたいことがあります。
私は、主人と子供と義母の四人で、義母名義の戸建に同居しています。

家が手狭なため私たち夫婦と子供で賃貸で別の住まいを考えています。

質問1
その場合、いつか私たちが義母名義の戸建を相続する際、小規模宅地の特例は適用されますか。現状は

1.義父は他界し、今後も義母のみが現在の戸建に住む
2.主人は独りっ子で兄弟はいない。
3.主人または私名義の不動産は、過去三年以上所有していない
4.もちろん日本国籍です

質問2
小規模宅地の特例のこの『家なき子』は
制度の改正などでなくなる可能性もあるのでしょうか。
なぜなら、小規模宅地の特例は『同居』が必須条件だと思っていましたので、この『家なき子』というケースはイレギュラーな印象です。
この制度を信じて同居解消したあとに、やはり同居していなければダメというふうに改正される可能性もあるのでは…と。
法律に全く詳しくないのでわからないのですが、こういった法律はコロっと改正されるような危ういものなのでしょうか。
よろしくお願いします。

家なき子が相続した場合の小規模宅地の特例

(4.0) | 2014/08/16 08:29

質問の条件で、お母様の(義母)居住用住宅を相続され相続開始後申告期限まで所有しており同居している他の相続人がいなければ、小規模宅地の特例は適用されます。この場合相続される家に居住されていなくてもかまいません。平成26年1月1日以後に、もし、お母様が老人ホームに入居され、被相続人の居住の用に供されなくなった家屋の敷地に供されていた宅地等は、次の要件が満たされた場合に限り被相続人の居住の用に供されていたものとして小規模宅地の特例の適用対象となっています。
(1) 被相続人に介護が必要なため入所したものであること。
(2) その家屋が貸付け等の用途に供されていないこと。(被相続人がいつでも生活できるように維持 管理が行われていること)
(3) 老人ホームへ入所するため被相続人又は親族によって所有権が取得され、あるいは終身利用 権が取得されたものでないこと。
また要介護の認定は相続開始時の直前に認定を受けていたかどうかにより判定されます。
相続の開始時に質問1のように「家なき子」の要件が充足されていれば特例の適用対象となります。

 平成27年1月1日からの相続税改正はバブル経済期に高騰した土地の価額に対応して行われた遺産に係る基礎控除額の引き上げをバブル経済崩壊後の適正水準に引き戻す等の趣旨で見直されて基礎控除額の改正が行われました。
 「家なき子」の特例は以前からあり、他に同居している相続人がなく、「家なき子」があり、その「家なき子」が財産を取得するするのであれば、特例の適用を認めているもので、相続財産を承継していくということからも、イレギュラーであるとはいえないと思います。
 今回は、法律成立の当初に比較して実態が大きく変わったために改正が行われたものであり、その法律が実態と大きく変わっていなければ、ころころと変わることはないと思います。

評価・お礼

さくら236さん (2014/08/20 22:51)

詳しくご回答ありがとうございます。
専門家のご意見が伺えて良かったです。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

私自身が亡くなった際の相続について 2015/09/02 21:38 | 回答3件
相続登記と相続税について 2016/07/08 18:49 | 回答1件
祖父の不動産を孫に相続したい 2016/07/07 12:57 | 回答1件
意思表示ができない母の相続について 2014/12/24 16:00 | 回答1件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
遺産相続について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。