相続の流れと代表者相続人とは

テーマ
  1. 遺産相続
  2. 遺産相続全般

相続の流れについて どうも流れが分からないので教えてください。
父がなくなり数週間後、兄からの連絡で(兄)が代表相続人になるので私の印鑑証明書を数十枚く欲しいと言われました。
父が死亡したことで預金や保険が凍結され、記帳も引出も出来ないので代表相続人をたてると言うのです。

そこで質問ですが、相続の流れは遺産分割協議書を作成するために代表相続人をたて いくらの資産が残っているのかを見るのが最初の手順なのですか?
代表相続にすると、父の預金などが全部兄の口座に移される事になって兄が自由に引き出せる事になるのではないでしょうか?
ちょっと実印と印鑑証明を預ける時点でしっくりいきません。
宜しくお願い致します。

推定相続人が納得いくように相談してください。

(5.0) | 2013/03/12 19:52

mimi2さん、お困りですね。相続人が何人いるかわかりませんが、いろいろな手続きが必要になります。戸籍謄本をとったり、除籍謄本をとったり代表者を決めて諸手続きを取らなければなりません。
問題は、相続人の同意がないままに一方的にどなたかが勝手に代表相続人になることは余り良い状況ではありませんね。印鑑証明を渡す前に全員でご相談されることをお薦めいたします。悪く解釈すれば、ご質問のようにお兄さんが独り占めしてしまうことも考えられます。このようなことが原因となり「争族」に発展してしまいます。

 質問を整理してみますと、相続の手順としては上記のように色々な手続きがあるため、どなたか一人を代表と定め、凍結してしまった預金通帳から全部お金を移す作業も必要です。そうしないとお葬式も挙げられません。必要なことは、お互いが納得して上で代表者を決め、移した預金通帳もほかの支払いとは全く別のものを作成し、出し入れが明確になるようにすることが大事です。
 葬儀中のごたごたが終わりほっとしたところで遺産分割の話し合いが持たれます。先頭たって会議を進めてくれる人も必要です。一人で全てを任せるには負担が大きいこともあります。お互いが、疑心暗鬼にならないように、充分ご相談の上、納得してから印鑑証明やほかの必要書類に印鑑を押すことが必要です。
 信頼を置ける第三者がそこに介在されるといいのですが、なかなか、お金がつきまとうことから困難があります。2度3度と大変でしょうがよくお話をされるとよいでしょう。

 第三者を探す際には、いきなり弁護士や税理士に依頼することは避けてください。内容によっては、不得意な分野もありますので、気楽に相談できる人を探すことが大事です。将来的に、相続税が発生するとか、訴訟に発展するとかが予想される場合には、税理士や弁護士を頼ることになります。

評価・お礼

mimi2さん (2013/03/13 08:46)

詳しく教えていただきまして有難うございます。
相続についても奥が深いので難しい事が多く、兄が言っていることが
どんな意味なのだろうと調べて行くうちに、疑心暗鬼な状況が続いています。
兄とは住んでいる場所が離れているので なかなか密に話す事が出来なく
近々 兄と合う事になりましたので どう考えて進めて行こうとしているのか聞いたうえで
判断したいと思います。
やはり第三者に入ってもらい公正に処理していただくことが良い事だとは考えておりました。

とても勉強になりました。
有難うございました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

遺産分割協議前の請求について 2010/06/14 11:37 | 回答3件
遺産相続について 2011/09/07 20:05 | 回答1件
遺産相続について 2011/01/26 03:30 | 回答2件
相続に伴う固定資産税 2013/09/08 22:41 | 回答1件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
遺産相続全般について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。